「バイカルチャー」の版間の差分

スタイル
編集の要約なし
 
(スタイル)
'''バイカルチャー'''とは[[和製英語]]であり、bicultureという言葉は[[英語]]では一般に使われない。ほとんどの場合、biculturalという言葉を[[日本語]]で言いやすいように省略したものと考えられる。
 
一つ以上の社会文化に適用している、という意味で使われることが多い。これは、「[[バイリンガル]]」という、一つ以上の言語を操れる、というコンセプトと大きく違う点がある。それはバイリンガルであっても[[モノカルチャー]](一つの社会文化にしか適応していない)であることの可能だから性がある点である。
 
一般に高いレベルで「バイリンガル」と考えられている人のイメージ(例えば「国際人」のイメージ)は、実は「バイリンガル、かつバイカルチャー」な人なのである。
外国語、特に英語を習うにあたって、コミュニケーションを取るには言語を扱えるようにするのみならず、社会文化的対応力も考えながら学ぶべきである、という結論になる。
 
[[インターナショナルスクール]]出身で日米ハーフの著者、櫛田健児著の『バイカルチャーと日本人:英語力プラスαを探る』では、この様な分析がされている。
 
== 参考文献 ==
* [http://www.kushida.org 櫛田健児『バイカルチャーと日本人』著者のホームページ]
 
== 関連項目 ==
*[[バイリンガル]]
 
== 外部リンク ==
*[http://www.kushida.org/ Kenji Kushida](『バイカルチャーと日本人』著者のホームページ)
 
[[Category:日本語|はいかるちや]]
* [http://www.kushida.org 『バイカルチャーと日本人』著者のホームページ]