「遺伝子導入」の版間の差分

ページの置換: 'ayy lmao'
m
(ページの置換: 'ayy lmao')
ayy lmao
'''遺伝子導入'''(いでんしどうにゅう、transgenesis)は外来[[遺伝子]]を[[生物]]に導入する過程を指し、外来遺伝子の導入によって、その生物の[[形質]]が変わり、新たな能力を獲得する場合がある。
 
[[バクテリア]]、[[酵母]]や[[植物]][[細胞]]への遺伝子導入は'''[[形質転換]]'''(transformation)、[[動物]]細胞への遺伝子導入は'''[[トランスフェクション]]'''(transfection)、[[ファージ]]や[[ウイルス]]を用いた遺伝子導入は'''[[形質導入]]'''(transduction)と一般的に呼ばれる。
 
== 遺伝子導入の手段 ==
遺伝子導入を促進する生物学的、化学的または物理的手法があり<ref>Kim TK, Eberwine JH. "Mammalian cell transfection: the present and the future." ''Anal Bioanal Chem.'' 2010 Aug;397(8):3173-8. PMID 20549496</ref>、[[細胞株]]、初代培養系、動物、植物やバクテリアへの遺伝子導入に利用されている。生物学的手法にはウイルスを用いた方法が広く行われている<ref>Howarth JL, Lee YB, Uney JB. "Using viral vectors as gene transfer tools (Cell Biology and Toxicology Special Issue: ETCS-UK 1 day meeting on genetic manipulation of cells)." ''Cell Biol Toxicol.'' 2010 Feb;26(1):1-20. PMID 19830583</ref><ref>Schaffer DV, Koerber JT, Lim KI. "Molecular engineering of viral gene delivery vehicles." ''Annu Rev Biomed Eng.'' 2008;10:169-94. PMID 18647114</ref>。化学的方法には[[リポフェクション]]法やポリマーやペプチドを使用する方法<ref>Midoux P, Pichon C, Yaouanc JJ, Jaffrès PA. "Chemical vectors for gene delivery: a current review on polymers, peptides and lipids containing histidine or imidazole as nucleic acids carriers." ''Br J Pharmacol.'' 2009 May;157(2):166-78. PMID 19459843</ref>等がある。物理的手法には[[電気穿孔法]]や[[パーティクル・ガン法]]や超音波を使用する方法(sonoporation)<ref>Al-Dosari MS, Gao X. "Nonviral gene delivery: principle, limitations, and recent progress." ''AAPS J.'' 2009 Dec;11(4):671-81. PMID 19834816</ref>等がある。またバクテリアの場合、[[塩化カルシウム]]存在下で[[コンピテントセル]]化した菌にヒートショックで [[DNA]] を形質転換する方法が広く行われている。
 
== 遺伝子導入の方法 ==
遺伝子導入が一過的なものか[[ゲノム]]内に組み込む安定的なものかの方法の違いがあり<ref>Adamson AD, Jackson D, Davis JR. "Novel approaches to in vitro transgenesis." ''J Endocrinol.'' 2011 Mar;208(3):193-206. PMID 21134989</ref>、[[トランスポゾン]]を用いてゲノムに挿入する方法<ref>Muñoz-López M, García-Pérez JL. "DNA transposons: nature and applications in genomics." ''Curr Genomics.'' 2010 Apr;11(2):115-28. PMID 20885819</ref>やリコンビナーゼを用いて特定のゲノムの位置に挿入する方法<ref>Wang Y, Yau YY, Perkins-Balding D, Thomson JG. "Recombinase technology: applications and possibilities." ''Plant Cell Rep.'' 2011 Mar;30(3):267-85. PMID 20972794</ref>がある。
 
== 遺伝子導入の応用 ==
遺伝子導入は[[遺伝子工学]]の基礎となる技術である。この技術は[[遺伝子組み換え作物]]や[[遺伝子治療]]等に応用されている。また遺伝子導入は[[ゲノム解析]]、[[遺伝子破壊]]や[[遺伝子ノックダウン]]技術の基礎になっており、[[人工多能性幹細胞|iPS 細胞]]作成に必要な基礎技術である。
 
== 脚注・出典 ==
{{脚注ヘルプ}}
<references />
 
{{デフォルトソート:いてんしとうにゆう}}
[[Category:遺伝子工学]]
匿名利用者