「男はつらいよ フーテンの寅」の版間の差分

m
212.182.69.108(会話)による ID:58355619 の版を取り消し (ポップアップ使用)
(ページの置換: 'ayy lmao')
m (212.182.69.108(会話)による ID:58355619 の版を取り消し (ポップアップ使用))
{{pathnav|男はつらいよ|frame=1}}
ayy lmao
{{Infobox Film
|作品名=男はつらいよ フーテンの寅
|原題=
|画像=
|画像サイズ=
|画像解説=
|監督=[[森崎東]]
|脚本=[[山田洋次]]<br />[[小林俊一]]<br />[[宮崎晃]]
|原案=
|原作=山田洋次
|製作=
|製作総指揮=
|ナレーター=
|出演者=
|音楽=[[山本直純]]
|主題歌=
|撮影=[[高羽哲夫]]
|編集=[[杉原よ志]]
|製作会社=
|配給=[[松竹]]
|公開={{flagicon|JPN}} 1970年1月15日
|上映時間=90分
|製作国={{JPN}}
|言語=[[日本語]]
|製作費=
|興行収入=
|前作=[[続・男はつらいよ]]
|次作=[[新・男はつらいよ]]
}}
『'''男はつらいよ フーテンの寅'''』(おとこはつらいよ フーテンのとら)は、[[1970年]][[1月15日]]に公開された[[日本映画]]。[[男はつらいよ]]シリーズの3作目。同時上映は『[[ひばり森進一の花と涙と炎]]』。
 
今回は前作に代わって山田洋次から『時代屋の女房』『美味しんぼ』などの[[森崎東]]が監督している。
 
== あらすじ ==
旅先での的屋稼業も一段落して故郷柴又に帰ってきた寅次郎。帰ってきて早々、突如として寅次郎に結婚話が持ち上がる。本人もすっかりその気になったが、一騒動あった末結局破談に。これが原因でおいちゃんと大ゲンカした寅次郎は再び旅に出た。旅先の伊勢で病に倒れた寅次郎は、そこでお志津さんという温泉宿の女将に出会い、手厚い看護を受ける。労を惜しまぬ献身ぶりに感激した寅次郎は、病が癒えてからも湯の山温泉に留まり番頭として女将のために一生懸命働くのであった。女将にゾッコン熱を上げた寅次郎は、いつしかこのまま一緒に暮らせたらという夢を思い始めるのだが、夢は夢でしかないのであった。
 
== キャッチコピー ==
さあて、お立ち合い! 春だねえ!、お立ち合い この寅さんに縁談が舞い込んだ! 帝釈天のご利益とガマの油の効き目だねえ! お立ち合い!
 
== スタッフ ==
*監督:[[森崎東]]
*脚本:[[山田洋次]]、[[小林俊一]]、[[宮崎晃]]
*音楽:[[山本直純]]
 
== キャスト ==
*車寅次郎:[[渥美清]]
*諏訪さくら:[[倍賞千恵子]]
*車竜造:[[森川信]]
*車つね:[[三崎千恵子]]
*諏訪博:[[前田吟]]
*たこ社長(桂梅太郎):[[太宰久雄]]
*御前様:[[笠智衆]]
*染奴:[[香山美子 (女優)|香山美子]]
*清太郎(染奴の父):[[花澤徳衛]]
*信夫:[[河原崎建三]]
*駒子:[[春川ますみ]]
*徳爺:[[左卜全]]
*信州の旅館の仲居:[[樹木希林|悠木千帆]]
*お志津:[[新珠三千代]]
*諏訪満男:[[中村はやと]]
*お澄:[[野村昭子]]
*為吉(駒子の夫):[[晴乃ピーチク・パーチク|晴乃ピーチク]]
*茂造(為吉の兄):[[晴乃ピーチク・パーチク|晴乃パーチク]]
*源公:[[佐藤蛾次郎]]
*千代:[[佐々木梨里]]
*吉井:[[高野眞二|高野真二]]
 
== ロケ地 ==
*[[三重県]]([[湯の山温泉 (三重県)|湯の山温泉]])[[四日市市]]、[[鹿児島県]]([[種子島]])[[桜島]]、[[霧島神宮]]、[[岐阜県]][[中津川市|中津川]]。
 
== 記録 ==
*観客動員:52万6千人
*興行収入:1億2千万円
 
== 受賞 ==
* 第21回[[芸術選奨]]新人賞/[[森崎東]]
* 同・文部大臣賞/[[倍賞千恵子]]
 
== 外部リンク ==
* {{Movielink|allcinema|143130|男はつらいよ フーテンの寅}}
* {{Movielink|kinejun|19192|男はつらいよ フーテンの寅}}
 
{{男はつらいよ}}
{{movie-stub}}
{{DEFAULTSORT:おとこはつらいよ ふうてんのとら}}
[[Category:男はつらいよシリーズ|ふうてんのとら]]
[[Category:1970年の映画]]
[[Category:三重県を舞台とした映画作品]]
[[Category:鹿児島県を舞台とした映画作品]]
[[Category:森崎東の監督映画]]