「Γ」の版間の差分

3,348 バイト追加 、 4 年前
103.7.229.245 (会話) による ID:58354494 の版を取り消し
(ページの置換: 'ayy lmao')
(103.7.229.245 (会話) による ID:58354494 の版を取り消し)
{{Otheruses|ギリシャ文字のΓ|キリル文字|Г}}
ayy lmao
{{redirect|ガンマ|その他のガンマ|ガンマ (曖昧さ回避)}}
{{ギリシア文字|letter=gamma uc lc}}
{{el|'''Γ''', '''γ'''}}(ガンマ、希: '''{{Lang|el|γαμμα}}''', 英: ''{{Lang|en|gamma}}'')は[[ギリシア文字|ギリシア語アルファベット]]第3字。数価<ref>文字に当てはめられた数値のこと。[[ギリシアの数字]]を参照。</ref>は3、[[音価]]は古典では[[有声軟口蓋閉鎖音|ɡ]], 現代語では[[有声軟口蓋摩擦音|{{ipa|ɣ}}]]。 軟口蓋子音字Γ, Κ, Χ の前に置かれると、/N/[&#331;]([[軟口蓋鼻音]]) になる。 また、現代語では/e/, /i/の前に来ると、[[有声硬口蓋摩擦音|/j/]]になる。 [[ラテン文字|ラテンアルファベット]]の[[C]]<ref>[[エトルリア語]]、[[ラテン語]]では'''Γ'''の異形体である'''C'''を用いた。</ref>、[[G]]、[[キリル文字]]の[[Г]]はこの文字を起源とする。 
音声記号としては、小文字は([[ギリシア語|現代ギリシア語]]での発音同様)「有声軟口蓋摩擦音」をあらわす。
 
* 大文字の「Γ」は、
** [[数学]]で[[ガンマ関数|Γ関数]]を表す。
** [[スズキ (企業) |スズキ]]が[[オートバイ]]の商標として『[[スズキ・ガンマ|Γ]]』を登録しており、[[2ストローク]]の[[ロードスポーツ]]に名称として用いている。[[スズキ・ガンマ]]を参照。
** [[ヒュンダイ]]・ガンマエンジン - [[現代自動車]]の[[直列4気筒]]エンジン。[[ヒュンダイ・i30|i30(FD16)/i30CW(FDW16)]]などに搭載される。
* 小文字の「γ」は、
** [[数学]]で[[オイラーの定数]]を表す。
** [[熱力学]]で[[比熱比]]を表す。κと書くときもある。
** 数学で、α、βに次ぐ第3の定数として用いられることがある。
** [[放射線]]物理学では[[ガンマ線]]およびガンマ粒子([[核反応]]で放出される[[光子]])を表す。[[素粒子物理学]]では光子全般を表すこともある。
** [[画像処理]]の分野においては、濃度階調の入出力応答の比(しばしば冪指数)を「ガンマ」と呼ぶ。[[ガンマ値]]を参照。
** 微小な[[物理単位|単位]]の名称としてガンマを使用しているものがある。
*** [[磁束密度]]の1ガンマ(γ)は10<sup>-5</sup>[[ガウス]](G)=1ナノ[[テスラ]](nT)=10<sup>-9</sup> T。地球物理学で[[地磁気]]の磁束密度を表すのに使用された。
*** [[質量]]の1ガンマ(γ)は1マイクログラム(μg)= 10<sup>-9</sup> kg
*** 臨床[[医学]]において、微小な薬剤の量を表すのに慣用される[[単位]]。1ガンマ(γ)は体重(kg)あたり[[時間]](min)あたりの薬剤量(μg)。日本でしか通用しない麻酔科関係慣用単位。麻酔、集中治療関係以外の分野や外国では、通用しないので注意が必要。
 
== 符号位置 ==
{| class="wikitable"
|- style="text-align: center;"
!大文字!![[Unicode]]!![[JIS X 0213]]!![[文字参照]]!!小文字!!Unicode!!JIS X 0213!!文字参照!!備考
{{ULu|0393|915|&amp;Gamma;|1-6-3|03B3|947|&amp;gamma;|1-6-35|}}
|}
 
== 脚注 ==
<references />
 
[[Category:ギリシア文字|かんま]]