「ニコラウス・コペルニクス」の版間の差分

編集の要約なし
m
しかし、このころからヴァルミアを取り囲むように存在する[[ドイツ騎士団国]]が[[ポーランド王領プロイセン]]内ヴァルミアに盛んに侵入を繰り返すようになり、[[1520年]]にはフロムボルクが攻撃され、大聖堂こそ生き残ったものの町は大打撃を受けた。コペルニクスはヴァルミア南部の[[オルシュティン]]へと逃れ、同地の防衛にあたった。[[1521年]]にはオルシュティンが攻撃されたものの2月に休戦協定が結ばれ、コペルニクスは再びフロムボルクへと戻った。1523年には司教が死去したため、次の司教が選出されるまでの9か月間、コペルニクスはヴァルミア全体の行政を担当していた。[[1525年]]にはドイツ騎士団国の最後の総長[[アルブレヒト (プロイセン公)|アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク]]がポーランドに臣従し、プロイセン公を称して[[プロシア公領]]を創設したため抗争は完全に終結した。
 
ドイツ騎士団国との抗争は終結したものの、まもなく宗教改革の波がヴァルミアにも押し寄せてきた。[[1517年]]に[[マルティン・ルター]]が開始した宗教改革は周囲に急速に広がり、[[1523年]]には隣接するドイツ騎士団国が[[ルター派]]に改宗し、ヴァルミア近隣にもルター派寄りの勢力が現れ始めた。コペルニクスはカトリックの立場を堅持したが、友人である司祭ティーデマン・ギーゼとともに、ルター派の禁教には反対の立場だった。[[1526年]]にはクラクフ大学時代のブルゼフスキ教授の天文学の講座の同窓の[[先輩]]で[[親友]]の[[地図学|地図学者]]ベルナルド・ヴァポフスキ ([[:en:Bernard Wapowski|Bernard Wapowski]]) が[[ポーランド王国]]と[[リトアニア大公国]]の版図全体の[[地図]]を作成した際、コペルニクスはその事業を手伝った<ref>{{Cite web|url=http://www.frombork.art.pl/Ang11.htm|title=Life of Nicolaus Copernicus |publisher=Nicolaus Copernicus Museum in Frombork|accessdate=2010-11-23}}</ref>
 
=== 地動説の発表と死 ===
[[1529年]]ごろからコペルニクスは地動説についての論考をまとめ始め、推敲と加筆を繰り返していたが、これを出版するつもりは全くなかった。しかしコペルニクスの考えは友人たちを通じてこのころにはかなり知られるようになっており、[[1533年]]には教皇[[クレメンス7世]]にこの考えが伝えられている。[[1535年]]にはヴァポフスキがコペルニクスの元を訪れ、地動説についての話を聞いている。[[1536年]]には[[枢機卿]]の一人であるニコラス・シェーンベルクがコペルニクスに賞賛の手紙を送っている。しかし、このころはいまだコペルニクスはこの考えを出版する気持ちを持っていなかった。このころにはヘウムノの司教となっていた親友のギーゼは何度も出版を進めたが、それでもコペルニクスは動かなかった。
 
[[1539年]]、[[マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク|ヴィッテンベルク大学]]の教授である[[ゲオルク・レティクス]]がコペルニクスのもとを訪れ、地動説の話を聞き、感銘を受けて弟子入りを申し込んで、コペルニクスの唯一の弟子となった。レティクスはコペルニクスの理論を急速に吸収するとともに、この理論の出版を強く勧めた。ここに至ってコペルニクスも重い腰を上げ、自らの理論の集大成に取り組み始めた。[[1540年]]にはレティクスは[[グダニスク]]の出版業者から「最初の報告」を出版させ、コペルニクスの理論の要約を広めるとともに完成版の出版を予告した。コペルニクスとレティクスは理論のチェックを進め、[[1542年]]にはコペルニクスの主著となるであろう『[[天体の回転について]]』の草稿が完成し、[[ニュルンベルク]]の印刷業者にてであるペトレイウスのもとで印刷された。しかしここでレティクスが[[ライプツィヒ大学]]の数学教授に招聘されたため、レティクスはルター派の神学者[[アンドレアス・オジアンダー]]に[[校正]]を依頼した。こうしてこの理論は出版を待つばかりとなったが、1542年11月にコペルニクスは[[脳卒中]]で倒れ、半身不随となった。仕上がった校正刷りは、コペルニクスの死の当日に彼のもとに届いたという<ref>『コペルニクス 地球を動かし天空の美しい秩序へ』p144  O.ギンガリッチ,ジェームズ・マクラクラン 林大訳.大月書店,2008.11.オックスフォード科学の肖像</ref>。1543年5月24日、コペルニクスは70歳でこの世を去った。
 
[[ファイル:KOS sarkofag ze szczątkami Kopernika.jpg|thumb|left|コペルニクスの遺物<br>[[オルシュティン]]の聖ヤコブ大聖堂]]