「プロクター・アンド・ギャンブル」の版間の差分

表現の改善
(リンク修正)
(表現の改善)
 
== 概要 ==
[[1837年]]に[[ローソク]]業者のウィリアム・プロクターと[[石鹸]]業者のジェームス・ギャンブルの共同出資<ref>ウィリアムとジェームスの妻同士が姉妹の関係にあったのが、事業を始めるきっかけとなった。</ref>により設立された。洗剤や化粧品などの一般消費財を製造販売する企業で、世界最大の一般消費財メーカーである。ホームケア製品、紙製品([[パンパース]])、[[化粧品]]([[マックスファクター]])、ヘアケア製品([[ヴィダルサスーン]]、[[パンテーン]]、[[h&s]]、[[ハーバルエッセンス]]、[[ウエラ]])、ヘルスケア製品([[歯磨剤]] [[:en:Crest (toothpaste)|Crest]])など多数の事業を保有し、世界180カ国以上で事業展開している。世界でも収益性の非常に優れた企業として知られている。[[マーケティング]]に極めて力を入れる企業として知られ、社内でのブランド・マネジャー相互の競争はきわめて激しいという。ビジネス誌フォーチュンにて、「社員の能力」が業種を超えて世界ランキング第1位に選ばれており、人材輩出企業としても評価が高い。P&Gのブランド戦略は、[[経営学修士|MBA]]のケーススタディの題材としてもよく取り上げられる。
 
日本法人本社は[[神戸市]]にある。なお、実際の日本向け市場での展開は、世界各国のP&G系列商品を全てP&G日本法人で取り扱っているわけではなく、商品の種類、ブランドによっては別会社がディーラーとなっている場合もある。
 
[[製紙業|紙]]・[[パルプ]]業界でも有名な企業で、2011年現在、紙・パルプ関連売上高において世界第2位の規模を持つ<ref>{{Cite web|url=http://www.jpa.gr.jp/states/global-view/index.html#topic05 |title=製紙産業の現状 世界の主要企業 |publisher=[[日本製紙連合会]] |accessdate=2012年11月10日}}</ref>。
 
== 評価 ==
== プロクター・アンド・ギャンブルの評価 ==
* 米国[[フォーチュン誌]]が発表する2008年[[フォーチュン・グローバル500]]では売上高ランキングで世界79位、純利益ランキングで世界39位。
* 英国[[フィナンシャル・タイムズ]]紙が発表する世界の企業の時価総額をランキングする2008年[[フィナンシャル・タイムズ・グローバル500]]では世界10位。
* 米国[[フォーブス (雑誌)|フォーブス]]誌が発表する売上高、利益、資産、時価総額の4つの要素を基にランキングしている2008年[[フォーブス・グローバル2000]]では世界31位。
 
== これまで買収した企業 ==
* '''[[リチャードソン・ヴィックス]]({{lang-en-short|[[w:Richardson-Vicks|Richardson-Vicks]]}})社'''(医薬品・日本では[[日本ヴィックス]]として営業していた) - 1985年買収
** '''[[パンテーン]]'''(かつて[[エフ・ホフマン・ラ・ロシュ|ロシュ社]]の手掛けていた女性向けシャンプー・コンディショナー事業) - 1983年ヴィックスが買収し一部門となる(それまで日本国内では[[中外製薬|旧日本ロシュ]](製造)と[[塩野義製薬|シオノギ製薬]](発売・販売)がそれぞれ製販を分担して請け負っていた)
* '''[[ジレット]]社'''(替刃式剃刀のジレット、電気式髭剃りの[[ブラウン (企業)|ブラウン]]、乾電池の[[デュラセル]]) - 2005年買収
 
== これまで売却した事業 ==
 
日本市場における事業売却は[[プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン#歴史]]を参照。
1,928

回編集