「あさのまさひこ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[ゼネラルプロダクツ]](現[[ガイナックス]])主催の頃から[[ワンダーフェスティバル]]に参加しており、現在はそのオフィシャルブランドである「ワンダーショーケース」のプロデュースを務めている。
 
所謂[[おたく]]のとして扱われる対象をターゲット(商業的対象)として活動してきた一人だが、"おたくとそれを取り巻く状況"を憂う1人でもあり、「閉じた世界での縮小再生産的な、わかる人だけわかればいい'''おたく的文化'''」に批判的な文章を何度かMG誌に掲載している。一方でその鋭い物言い<ref>彼自身幾度も"オタクとう存在"に対して否定的つ批判的な発言を公言してはばからない。</ref>に対して反発されることも少なくない。[[村上隆]]と共同作業を行なった事でオタクターゲット的デザインを海外に広めた一人に挙げられることもある。自身の存在としては、"マニア<ref name=mania>なお、丸の中に"あ"の字を書いて「'''まにあ'''」と読ませる(一種の符牒である)。</ref>"であるべきと自負し、'''"オタクとマニアは明確に異なる存在"'''を認識し、自身は'''"オタクではない"'''と幾度も公言している。
 
雑誌の投稿・[[ファンジン]]時代から[[明貴美加]]や[[中原れい|あむろれい]]等とも既知で、後年[[モデルグラフィックス]]誌の雑誌編集者として、明貴が[[伸童舎]]<ref>代表の[[千葉暁]]とは『[[デュアルマガジン]]』時代から明貴・あさの・[[中原れい|あむろ]]・[[こいでたく]]等とも関係がある。なお[[こいでたく|こいで]]は現在あさのと同じ雑誌([[モデルグラフィックス|MG]])で連載を持っている。</ref>の関係者としてデザインの[[MS少女]]なるシリーズを展開した際、そのイラストに細かい設定と番号を付加するなどの情報追加・補記をしていた。またこの関係から実在の機械に関わる知識も豊富で[[フォーミュラ1|F1]]・[[WGP]]などのモータースポーツにも詳しい。その知識は現在も[[モデルグラフィックス]]誌上で垣間見る事が出来る。
 
アイドル'''まにあ'''<ref name=mania></ref><ref>彼の事を上記の"おたくとそれを取り巻く状況"を憂う一人であるゆえに、'''自身は"オタクではない"と幾度も公言している'''彼への畏敬をもって、こう呼ぶ事がある。</ref>としても知られており、ライターの頃から[[島田奈美]]、[[おニャン子クラブ]]、[[スケバン刑事]]等に熱中。「真鍋公彦」名義で[[音楽ライター]]、[[イラストレーター]]としても活動している。
 
自画像はその自称である"'''まにあ'''<ref name=mania></ref>"の由来となった、"あの字のビスケット"の頭部で描かれている。
 
なお、『[[あにゃまる探偵 キルミンずぅ]]』のEDとして採用された[[Neko Jump]]の『[[Chuai mad noi]]』日本語版『朝イチ大パニック!』の日本語版作詞者として同作深夜再放送版『 ~+(プラス)』第14話のEDよりクレジットされている。
 
== 著書 ==
匿名利用者