「トマス・ターナー (冶金学者)」の版間の差分

ページの置換: '>tfw no qt jap wikipedo bf'
m (→‎関連項目: バグとり)
(ページの置換: '>tfw no qt jap wikipedo bf')
>tfw no qt jap wikipedo bf
[[File:Thomas Turner (metallurgist).jpg|thumb|right|Thomas Turner, A.R.S.M]]
'''トマス・ターナー'''(Thomas Turner Sc., A.R.S.M., F.R.I.C.、[[1861年]] - [[1951年]])は、[[イギリス]]において最初に[[冶金学]]の教授となった[[バーミンガム大学]]の教員。[[バーミンガム]]生まれ。バーミンガム大学は[[1900年]]に設立され、冶金学部門は1902年に開設された<ref>[http://www.birmingham.ac.uk/schools/metallurgy-materials/about/met-mat-history.aspx University of Birmingham, The School of Metallurgy and Materials: 'Our history']</ref>。ターナーは、金属の硬さを計測する[[スクレロメーター]]([[:en:Sclerometer|sclerometer]]:引っかき硬度試験機)の初期の開発を担った。ターナーは[[1926年]]に大学を退職した。彼はまた、[[キリスト・アデルフィアン派]]教会の主要なメンバーであった。
 
ターナーは、[[1861年]]に、[[バーミンガム]]の{{仮リンク|レディウッド|en|Ladywood}}に生まれた。[[1887年]]に[[エディンバラ]]のクリスチャン・スミス (Christian Smith) と結婚し、息子2人と娘2人をもうけた。[[ロンドン]]の{{仮リンク|王立鉱山学校|en|Royal School of Mines}}に学び、同校の創設者を記念して毎年与えられる[[ヘンリー・デ・ラ・ビーチ]]・メダルを授与された。[[1883年]]には、{{仮リンク|メイソン科学大学|en|Mason Science College}}のデモンストレーターとなり、次いで[[1887年]]に、「以降40年間ターナーの主導によって大いに発展を遂げることとなった」新しい学問である冶金学の講師となった<ref>{{Cite journal
| last = Brand
| first = J.C.D.
| first2 = D.
| last2 = Hanson
| year = 1952
| title = Obituary notices: John Charles James, 1920–1952; Thomas Turner, 1861–1951
| journal = J. Chem. Soc.
| issue = 0
| pages = 5055–5056
| doi = 10.1039/JR9520005055
| url = http://pubs.rsc.org/en/Content/ArticleLanding/1952/JR/JR9520005055
| accessdate = 2011-12-04
}}</ref>。[[1894年]]から[[1902年]]にかけては、{{仮リンク|スタッフォードシャー州議会|en|Staffordshire County Council}}の技術指導監督 (Director of Technical Instruction) を務めたが、[[1902年]]には、新設されて間もないバーミンガム大学の初代冶金学教授に選ばれた。[[1926年]]には大学を退職したが、出版や公演の活動はその後も継続した。
 
ターナーの最も顕著な功績は、[[鋳鉄]]における[[ケイ素]]の影響に関する一連の研究である。ターナーは金属学会 (the Institute of Metals) の創設会員のひとりで、後には会長も務め、また、帝国研究院(Imperial Institute:後の{{仮リンク|英連邦研究院|en|Commonwealth Institute}}の前身)の顧問委員のひとりでもあった。
 
ターナーは、[[キリスト・アデルフィアン派]]教会でも長年にわたり活発に活動し、the Suffolk Street fellowship の雑誌『''Fraternal Visitor''』の編集者であったジョセフ・ジャドリー (Joseph Hadley) を、編集助手として支えた<ref>''Canada: an encyclopedia of the country'' John Castell Hopkins - 1898"The present organ of these churches is The Christadelphian, edited by Joseph J. Hadley and Thomas Turner, of Birmingham, England. Another paper published in Glasgow along the same lines is called The Investigator." However, it should be noted that the statement in this reference is incorrect. The Christadelphian magazine was never edited by Hadley or Turner. In this year it passed from Robert Roberts, its founder, to C. C. Walker, his designated successor in the chair, on the death of Roberts in San Francisco.</ref>。この役割との関係から、ターナーはドイツの「コミュニティ (Gemeinde)」にも結び付いており、{{仮リンク|アルベルト・マイヤー|en|Albert Maier}}や{{仮リンク|ルードヴィッヒ・フォン・ガーテル|en|Ludwig von Gerdtell}}と、通信を交わしていた。ターナーは[[賛美歌]]の書き手でもあり、自分が所属する教会のために賛美歌の歌詞を書いた<ref>''The Hymn'' Vol.48 Hymn Society of America - 1997 "The importance of these and other teachings through the Christadelphian Hymn Book was underscored thoroughly by Roberts in his Prefaces ... Charles Joseph Caldicott, John J. Hadley, John Hawkins, Herbert H. Horsman, and Thomas Turner; ..."</ref>。
 
== おもな著作 ==
* ''The metallurgy of iron and steel'' 1895
* ''Practical metallurgy: an introductory course for general students'' 1919
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
== 関連項目 ==
* [[スクレロメーター]] ([[:en:Sclerometer]]) - [[1896年]]にトマス・ターナーが発明した、金属合金やその他の材料の{{仮リンク|引っかき硬度|en|Scratch hardness}}を計測する道具。
 
{{Normdaten}}
{{DEFAULTSORT:たあなあ とます}}
[[Category:イギリスの工学者]]
[[Category:バーミンガム大学の教員]]
[[Category:バーミンガム出身の人物]]
[[Category:1861年生]]
[[Category:1951年没]]
匿名利用者