「宣武帝」の版間の差分

m
m
[[483年]]閏4月、[[孝文帝]]の次男として生まれた。母は貴人[[高照容]]([[高句麗]]の人)。聡明な静謐の気配りを持って、美男だったという。
 
[[496年]]12月に異母兄の[[元恂]]が[[皇太子]]位を廃されると、翌[[497年]]1月に元恪が皇太子に立てられた。[[499年]]4月、孝文帝が死去すると、数え17歳で即位した。当初は、咸陽王[[元禧]]・任城王[[元澄]]・北海王[[元詳]]・広陽王[[元嘉 (北魏)|元嘉]]・[[尚書令]][[王粛 (南北朝)|王粛]]・吏部尚書[[宋弁]]ら6人の大臣の輔弼を受けた。
 
[[501年]]、国政を側近や[[外戚]]の[[高肇]](高照容の兄)に委ねて親政を始めた。これに反発する叔父の咸陽王元禧が反乱を計画したため、処断した。[[508年]]、異母弟の京兆王[[元愉]]が冀州で反乱を起こすと、これを鎮圧し、高肇の進言で叔父の彭城王[[元キョウ|元勰]]をも誅殺した。