「斎藤美奈子」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
*『文章読本さん江』(筑摩書房 2002年 / ちくま文庫 2007年)
*『文壇アイドル論』([[岩波書店]] 2002年 / 文春文庫 2006年)
*『戦下のレシピ - [[太平洋戦争]]下の食を知る』(岩波アクティブ新書 2002年 / [[岩波現代文庫]] 2015年)
*『趣味は読書。』([[平凡社]] 2003年 / ちくま文庫 2007年)
*『実録・男性誌探訪』(朝日新聞社 2003年 / 改題『麗しき男性誌』文春文庫 2007年)
*『文学的商品学』([[紀伊國屋書店]] 2004年 / 文春文庫 2008年)
*『物は言いよう』(平凡社 2004年)
*『誤読日記』(朝日新聞社 2005年 / 文春文庫 2009年)
*『冠婚葬祭のひみつ』([[岩波新書]] 2006年)
*『たまには、時事ネタ』([[中央公論新社]] 2007年)
*『それってどうなの主義』([[白水社]] 2007年 / 文春文庫 2010年)
*『本の本 1994-2007』(筑摩書房 2008年)のち)※2012年文庫 
*『文芸誤報』(朝日新聞出版 2008年)
*『ふたたび、時事ネタ』(中央公論新社、2010年) 
*『月夜にランタン』(筑摩書房、2010年) 
*『名作うしろ読み』(中央公論新社、2013年)※2016年文庫化
*『ニッポン沈没』(筑摩書房、2015年) 
*『名作うしろ読み プレミアム』(中央公論新社、2016年)
;共編著
*『21世紀文学の創造(7)男女という制度』(岩波書店 2001年)
*『21世紀文学の創造(4)脱文学と超文学』(岩波書店 2002年)
*『L文学完全読本』(マガジンハウス 2002年)
*『一九七〇年転換期における『展望』を読む 思想が現実だった頃』[[大澤真幸]],[[橋本努]],[[原武史]]共編 筑摩書房 2010年)
*『1980年代』([[河出書房新社]]、2016年)
;書評
* センセイの鞄 [[川上弘美]] [[新潮文庫]] [[2007年]]
 
== 脚注 ==