「東京ダービー (競馬)」の版間の差分

[[1955年]]に'''春の鞍'''として創設。[[1964年]]より'''東京都ダービー'''と名称が変更となり、[[1966年]]から現在の名称となった。[[1967年]]より2400メートルとなったが[[1996年]]に行われた南関東クラシックのアメリカンスタイルへの移行後の距離見直しに伴い、[[1999年]]に2000メートルに戻った。なお本競走の上位2頭に[[ジャパンダートダービー]]の優先出走権が与えられる<ref name="d2015"/>。
 
[[2006年]]には新たに[[ダービーWeek]]が設けられその3 - 4戦目(年度によって多少左右される。[[2008年の日本競馬|2008年]]から[[2010年の日本競馬|2010年]]までは3年連続で4戦目)となっており、通常のGIファンファーレではなくダービーWeekオリジナルファンファーレが演奏された。また騎手の[[町田直希]]は18歳2か月でビービートルネードに騎乗して勝利し、同競走の最年少勝利記録を更新した。
 
その一方で大井競馬場において通算21回リーディングジョッキーとなった[[的場文男]]が2015年まで過去34回挑戦して2着は9回あるもののいまだに勝利しておらず<ref>{{cite news|url=http://www.hochi.co.jp/horserace/20150603-OHT1T50146.html|title=【東京ダービー】ラッキープリンス優勝!的場文また2着…|newspaper=スポーツ報知|date=2015-06-03|accessdate=2015-06-05}}</ref>、これについては「大井の[[七不思議]]の1つ」とまで言われている。
匿名利用者