メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
== ストーリー ==
[[1945年]]、[[第二次世界大戦]]の終わり頃結直後の[[チャネル諸島]][[ジャージー島]]が舞台。グレースは[[色素性乾皮症]]を患う娘アンと息子ニコラスと共にの3人きりで、広大な屋敷で暮らしていた。夫は出征したまま帰ってこず、使用人もおらず、不安な日々を送る家族の元に、新しい3人の使用人が現れる。それを境に、屋敷で不可解な現象が次々と起き始め
{{不十分なあらすじ|date=2014年11月}}
 
グレースの子供たちは日光が害になるために、厚いカーテンを閉め、ランプの灯りで生活していた。子供たちを安全に、信心深く育てるために、全精力を注ぐグレース。だが、誰もいない階上からの物音や、見知らぬ子供の泣き声がグレースを混乱させた。男の子とその親たちが、この屋敷に入り込んだと話すアン。
[[1945年]]、[[第二次世界大戦]]の終わり頃の[[チャネル諸島]]の[[ジャージー島]]が舞台。グレースは[[色素性乾皮症]]を患う娘アンと息子ニコラスと共に広大な屋敷で暮らしていた。夫は出征したまま帰ってこず、不安な日々を送る家族の元に、3人の使用人が現れる。それを境に、屋敷で不可解な現象が次々と起き始める。
 
お清めを頼むために、神父を呼びに行くグレース。しかし、深い霧に遮られて村には辿り着けなかった。霧の中で夫のチャールズと出会い、屋敷に連れ帰るグレース。だが、チャールズは忽然と姿を消してしまった。3人の使用人も、50年も前にこの屋敷で死んでいたことを知るグレース。
[[ファイル:Palacio de Los Hornillos - Cantabria.jpg|right|thumb|250px|スペインにあるLos Hornillos Palace。外側が映画に使用された]]
 
3人の使用人は、この屋敷の秘密を知っていた。かつてこの屋敷では、母親が我が子を殺し、自殺する事件が起きたのだ。屋敷の中では生者と死者が折り重なるように暮らしているのだった。「互いに気づくことも、気づかないこともある」と、グレースに教える使用人たち。
 
見えなかった侵入者の家族を屋敷から追い出すことに成功するグレース。何が起ころうと、この屋敷はグレース親子の家なのだった。
 
== 特徴 ==
296

回編集