メインメニューを開く

差分

== 生涯・人物 ==
[[江戸]][[小石川]]の生まれ。10歳のときに父が急逝する。[[天保]]13年([[1842年]])に[[徒目付]]となる。[[嘉永]]6年([[1853年]])に[[評定所]]配属となり、[[安政]]元年([[1854年]])に留役助、翌年には留役になった。安政5年([[1858年]])8月に外国奉行支配組頭となり100俵を給され、[[神奈川宿|神奈川]]開港問題の交渉にあたって、[[横浜港|横浜]]開港を実現させた。その後も外国人殺傷問題や通貨問題などで欧米外交団との交渉の窓口となり、[[文久]]元年([[1861年]])には100俵の加増を受ける。
=== 文久遣欧使節 ===
文久2年([[1862年]])12月幕府が派遣した[[文久遣欧使節|幕府遣欧使節(文久遣欧使節)]]組頭としてヨーロッパに渡り、開港開市の延期交渉にあたった12月に帰国後直ちに外国奉行並に任じられ、翌年11月に外国奉行として[[箱館]]派遣が決定され、翌月には[[諸大夫]]に任じられた。[[慶応]]元年([[1865年]])閏5月に製鉄所建設及び軍制調査の正使として再度[[フランス]]・[[イギリス]]に派遣され。7月にフランスに入った柴田らはフランスとの製鉄所建設と軍事教練に必要な協定を締結することに成功するが、[[薩摩藩]]との関係を強めつつあったイギリスとの交渉には成功しなかった。11月にフランスを出発し、翌年1月に帰国するした
 
=== 帰国後 ===
匿名利用者