メインメニューを開く

差分

ギフテッド

49 バイト追加, 2 年前
ギフテッドの特徴
ギフテッドといっても、全ての学術分野に等しく秀でていることは稀だろう。たとえば、論理問題を解くのが非常に優れているのに文字の綴りが苦手であったり、あるいは、学年平均よりずっと秀でた読み書きができる一方で数学が苦手であったりする。個人の発達の遅れに様々なケースがあるように、ギフテッドにも様々なケースが存在することが指摘されている。
 
肉体的、精神的に繊細で敏感であったりする。幼少から優れた論法や推論力を示し、文章または口頭で豊富な語彙を用いることができ、使う語彙に対し鋭敏である。おしゃべりまたは早口であったり、並外れた集中力、幅広い興味と関心、創造性豊かで限りない知識欲、深い分析力、優れた記憶力を持ち、[[知的好奇心]]や[[独創性]]に富み、鋭い質問を聞いたり、常識外れ考えを持つ。深く速く理解し、1,2回短期間の復習で課題を修得でき、その重要な内容を詳細に理解しており、[[原理]][[概念]]を示せる(すぐに理解ことができ<ref name="clark">Clark, B. (2002). Growing up gifted (5th ed.) Columbus, OH: Charles E. Merrill.</ref>。
 
高知能ゆえその知性を満たすため複雑さを求めたりする。[[完全主義]]傾向あったり、現実的な高い自己基準を持っていたり、早い時期から内面的な[[統制の所在]](LOC:ローカス ・オブ・コントロール)を発達させ、自己を厳しく評価または非難する傾向がみられたりする<ref name="clark"/><ref>Parker, W. D. & Mills, C. J. (1996). The Incidence of Perfectionism in Gifted Students. Gifted Child Quarterly</ref><ref>Renzulli, J. S., Smith, L. H., White, A. J., Callahan, C. M., Hartman, R. K., & Westberg, K. L. (2002). Scales for rating the behavioral characteristics of superior students (Rev. ed.). Mansfield Center, CT: Creative Learning Press.</ref>。
 
一生懸命勉強せずとも際立った学習成績を修めるという特徴が伺える。それゆえ飽きやすい傾向もしばしばみられ、授業が簡単すぎて興味がわかない、興味のある事以外はやりたがらなかったり、本人にとり意味の見出せない暗唱や機械的な丸暗記を嫌がったり苦手であったり、クラスや課題に集中できなかったり[[白昼夢]]していたり、周りとうまく合わせることができない、一般的な学校の勉強に興味を示さず成績は芳しくない、学校で問題児あつかいされたり<ref>Reis, S. M. & Renzulli, J. S. (2004). Current Research on the Social and Emotional Development of Gifted and Talented Students: Good News and Future Possibilities. Psychology in the Schools, 41, published online in Wiley Inter</ref>、繊細さや[[感受性]]の豊かさにより過度に周囲に同化しようとするあまり、意図的に能力以下の成績を修めたり、ギフテッドの特異な才能を隠す傾向がみられることが指摘されている。ギフテッドは、一般的な教育方法では、優れた成績や才能を発揮できない傾向があり、欧米ではギフテッド用にそれぞれの才能を伸ばす[[英才教育]]が行なわれている<ref>Sankar-DeLeeuw, N., (1999). Gifted preschoolers: Parent and teacher views on identification, early admission and programming. US: Roeper School Article Review, 21 (3) 174-179</ref>。
48
回編集