「Wikipedia:井戸端/過去ログ/2006年9月」の版間の差分

→‎ある作成予定カテゴリの名称について(単発質問): カテゴリは反対。一覧記事の翻訳をお勧めします。
(関連項目的に使用されるテンプレート)
(→‎ある作成予定カテゴリの名称について(単発質問): カテゴリは反対。一覧記事の翻訳をお勧めします。)
 
私はこのカテゴリの作成に反対しておきます。英語版にあるからといって安易に作成すべきではありません。私は今回のはカテゴリよりも一覧が向いていると思います。また、長者番付に入ったことが記事として必要なら記事中に書けばよいとも思います。毎年長者番付が変わるごとに変更しなければならないことと、前年がどうだったか残らないことをデメリットとして指摘しておきます。あと、カテゴリは何かをグループとしてくくるためにあって一覧には適しておりません。特定の項目についてをまとめるときには一覧のほうが適しているように思います。一覧化してウィキソースに年度ごとまとめてデータベースにしたほうが実用性がたかそうなのですが。[[利用者:たね|たね]] 2006年5月22日 (月) 16:10 (UTC)
 
まず名称について。[[フォーブス (雑誌)|フォーブス]]の「The World's Billionaires」についての記事を作るのであれば、「The World's Billionaires」の訳として一般に使われている日本語を使うべきです。少し検索してみたところ、「世界長者番付」とか「フォーブズ誌長者番付」というのがありましたので、このあたりで十分です。全く未訳の言葉でなければ、独自の翻訳「世界の億万長者達」を使うべきではありません。また、カテゴリ名称として「Category:世界の億万長者達」を提案しているのであれば、これはさらに不適当です。「世界の」も「達」も要りません。「Category:世界のテニス選手達」は変でしょ? 何が変かわからなければ、既存のカテゴリをいろいろ見てください。
 
ですが、よく考えましたが、そもそもこのようなカテゴリは作らない方がよいと思います。英語版から日本人を何人か見てみると、西武の[[堤義明]]氏や武富士の[[武井保雄]]氏などが含まれるようですが、そういった方を「億万長者」として分類することにあまり価値は見出せません。たねさんのおっしゃるように、一覧にするのがより有用と思います(ウィキソースがよいかどうかは私は意見を持ちません)。Histwrさんは翻訳ができる方のようですから、[[:en:Billionaire lists]]以下にいくつも一覧記事がありますので、まずはこちらを翻訳してみるのはいかがでしょうか。カテゴリをつくってから記事を作成するおつもりのようですが、一般的にはまず記事がありきです。--[[利用者:NDR|NDR]] 2006年5月23日 (火) 03:07 (UTC)
 
== コピー&ペーストの移動に対する対応について ==
11,676

回編集