「2013年伊丹・宝塚市長選挙」の版間の差分

編集の要約なし
伊丹市と宝塚市は隣接しており、共に兵庫県[[阪神北県民局]]の管内である。伊丹市は[[大阪府]][[豊中市]]および[[池田市]]と府県境を接しており、これらの市境付近には[[大阪国際空港]](伊丹空港)を擁する。伊丹・宝塚の両市長選とも2013年[[4月7日]]に告示され、同月14日に投開票された。また、両市長選に合わせて伊丹・宝塚両市議会議員の補欠選挙(共に定数1)も同じ日程で執行された。
 
大阪府を[[地盤]]とする[[日本維新の会]]の共同代表を務める[[橋下徹]][[大阪市|大阪]]市長は、持論である「[[道州制]]」を唱えてきた。その是非を巡って、[[井戸敏三]]兵庫県[[都道府県知事|兵庫県知事]]は橋下市長と対立してきた。当時、井戸は4選を目指して、[[2013年兵庫県知事選挙|兵庫県知事選挙]]([[7月21日]]投開票)への立候補を表明していた。井戸への対立候補擁立を模索していた日本維新の会は、伊丹・宝塚の両市長選とも、兵庫知事選の“前哨戦”と位置付けて、2人の現職市長に対立候補を立てた。これは、「維新の兵庫県本格進出」として大きな注目を集めた<ref name="sankei1">{{Cite news|date=2013年4月6日|url=http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130406/waf13040613270013-n1.htm|title=維新、兵庫進出なるか! 大阪外で初、伊丹・宝塚市長選に候補擁立|publisher=[[産業経済新聞社|産経新聞社]]|work=[[産経新聞|MSN産経ニュース]]|accessdate=2013年4月18日}}</ref>。
 
== 立候補者 ==
告示直前の[[4月2日]]、維新政調会長の[[浅田均]][[大阪府議会]]議長は、伊丹市内で維新が主要政策の一つに掲げている[[大阪都構想]]に関連し、「大阪だけでなく周辺10市くらいを合併し、[[尼崎市|尼崎]]や[[西宮市|西宮]]を越えて[[神戸市|神戸]]まで[[特別区]]にしたい」との私案を述べていた<ref>{{Cite news|date=2013年4月4日|url=http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201304/0005868477.shtml|title=維新政調会長 都構想「神戸まで」 伊丹で講演|publisher=[[神戸新聞社]]|work=神戸新聞NEXT|accessdate=2013年4月18日}}</ref>。この私案が[[神戸新聞]]で報道されたことを契機に、伊丹市と宝塚市では「両市を含む[[阪神|阪神間]]が兵庫県から大阪都に割譲される」との認識が広まり、井戸兵庫県知事と[[矢田立郎]]神戸市長が相次いで強い不快感を表明するなどした<ref>{{Cite news|date=2013年4月8日|url=http://www.47news.jp/news/2013/04/post_20130408163630.html|title=「領土拡大図る印象」兵庫県知事が不快感 維新の「大阪都」構想|publisher=[[共同通信社]]|work=[[47NEWS]]|accessdate=2013年4月18日}}</ref><ref>{{Cite news|date=2013年4月9日|url=http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130409/lcl13040918550001-n1.htm|title=大阪都構想「神戸まで特別区に」 維新・政調会長発言で神戸市長が不快感|publisher=産経新聞社|work=MSN産経ニュース|accessdate=2013年4月18日}}</ref>。このことから、両市を含む兵庫県阪神地域の帰属問題が、大阪国際空港廃止問題と合わせて選挙の争点に浮上した。
 
両市長選と両市議補選の4選挙全てに公認候補を立てた維新は、告示当日と投票前日に橋下市長と松井知事が応援演説に入り、橋下市長が宝塚市の職員給与水準が日本一であることを指摘し「僕は宝塚市民にはなりたくない」と述べて市役所改革や職員[[給与]]削減を訴えた<ref name="smai2">{{Cite news|date=2013年4月15日|url=http://senkyo.mainichi.jp/news/20130415ddf041010063000c.html|title=選挙:兵庫・伊丹市長選/兵庫・宝塚市長選 維新惨敗「公務員改革」響かず 戦略見直し必至|publisher=毎日新聞社|work=選挙毎日|accessdate=2013年4月18日}}</ref>。これに対し、伊丹市・宝塚市とも両現職市長は「大阪都への吸収反対」と「大阪国際空港存続」を訴えた。この2点についてはどちらも誤解であるとして、これらの争点化を避けていた両維新候補と両現職市長との論戦は、噛み合わない状態が続いた。
 
{{seealso|大阪国際空港#橋下大阪府知事・大阪市長に関する動き}}
匿名利用者