「中島隆利」の版間の差分

*1999年 熊本県議会議員選挙・当選(4期目)
*2002年 八代市長に当選(1期)
*2005年9月4日 - 同年8月1日の近隣町村と[[市町村合併]]にともなう[[市町村長|市長]]選挙で坂田孝志に7750票差で、落選
*2009年8月30日 - [[第45回衆議院議員総選挙]]に[[熊本県第5区|熊本5区]]より[[社会民主党_(日本_1996-)|社会民主党]]公認([[民主党_(日本_1998-)|民主党]]、[[国民新党]]推薦)で立候補したが、[[自由民主党_(日本)|自由民主党]]前職の[[金子恭之]]に敗れる。しかし、惜敗率77%余を獲得、[[比例九州ブロック]]の社民党重複候補の中ではトップとなったため、復活当選した。
*2010年1月 - 代表の[[福島瑞穂]]から[[国会対策委員会|国会対策委員長]]の起用が提示されたが、党大会で了解を得られず副幹事長に就任
匿名利用者