「阿曽沼氏」の版間の差分

編集の要約なし
[[足利氏 (藤原氏)|藤姓足利氏]]の一族。[[足利有綱]]の四男[[阿曽沼広綱|阿曽沼四郎広綱]]を祖とする[[佐野氏|佐野氏族]]。[[下野国]][[安蘇郡]]阿曽沼(現 佐野市浅沼町)を領して阿曽沼氏を名乗ったのにはじまる。
 
[[治承・寿永の乱]](源平合戦)では平家側についた本家の藤姓足利氏とは異なり、同族の[[山上氏]]・[[大胡氏]]らとともに[[源頼朝]]軍に従い、[[鎌倉幕府]]のもとで[[御家人]]となった。広綱は[[文治]]5年([[1189年]])[[奥州征伐合戦]]にも参加、その功により[[陸奥国]][[閉伊郡]][[遠野|遠野保]][[地頭職]]に補任された。
 
広綱の子・[[阿曽沼朝綱|朝綱]]は[[下野国]]の本領を継いだと伝わる。朝綱に子は無く、弟の親綱の子・光綱を跡目とした。[[阿曽沼城]]に拠ったとみられる。[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]には[[佐野氏]]の家臣となっており、阿曽沼与重の名が見える。