「地獄少女 (テレビドラマ)」の版間の差分

出演者の相互交流を始め、制作発表はアニメ『二籠』・ドラマ両方同時に行われた。なお、放送期間中(一時期)、次回予告のテロップでアニメ版の放送局である[[東京メトロポリタンテレビジョン|TOKYO MX]]がドラマ版の放送告知を、ドラマ版の放送局である日本テレビがアニメ版の放送告知をするなど、実写版とアニメ版が連動した試みも行われた。また、日本テレビと[[NTTドコモ]]の共同出資・コンテンツ開発事業である[[D.N.ドリームパートナーズ]]の製作であるため、携帯電話公式サイトでのコンテンツの充実を図ったほか、NTTドコモの[[HSDPA]]通信対応[[携帯電話]]向けに動画配信も行われた。
 
なお、事実上関東・静岡のローカル放送だったために未放映地域からのファンの要望が強く、公式サイト上では「今後[[日本テレビネットワーク協議会|日本テレビ系列局]]への番組販売が行われることが決まった」旨の報告がなされたが、2007年4月から同年6月まで[[日テレプラス|日テレプラス&サイエンス]](現・[[日テレプラス]]にて<ref>[http://www.ntv.co.jp/jigoku/info.html 番組関連情報] - 地獄少女(日本テレビ)</ref>、2015年12月23日から同年12月24日まで[[ファミリー劇場]]での放送が実現しただけであり、[<ref>[http://www.fami-geki.com/ichioshi/rec/1512/ 2015年12月の特集]]2月現在も番組販売が行われた実績は無い - ファミリー劇場</ref>
 
== ストーリー ==
匿名利用者