「京都市左京区の町名」の版間の差分

編集の要約なし
区の南部には[[平安神宮]]、[[南禅寺]]、[[慈照寺]](銀閣寺)、下鴨神社([[賀茂御祖神社]])、[[修学院離宮]]などの著名社寺や史跡があり、[[岡崎公園 (京都市)|岡崎公園]]、[[京都会館]]、[[京都国立近代美術館]]、[[京都市動物園]]、[[京都大学]]吉田キャンパス、[[京都府立植物園]]、[[京都府立総合資料館]]、[[国立京都国際会館]]などの施設もある。
 
区の中部から北部は人口密度の低い山間部である。東には[[国道367号]]([[鯖街道]]、若狭街道)が通り、[[比叡山]]の西の登り口である八瀬地区、[[三千院]]や[[寂光院]]のある大原地区を通って若狭方面へ通じている。西には[[京都府道38号京都広河原美山線]](鞍馬街道)が通り、[[鞍馬寺]]のある鞍馬地区、花脊、広河原を通って南丹市方面へ通じている。区の最北端の[[久多]]地区はかつて京都府[[愛宕郡]](おたぎぐん)に属したが、地理的には東の滋賀県方面とのつながりが強い。
 
当区は昭和4年(1929年)、当時の上京区から分区して成立したものである。成立当時の区域は下鴨各町、[[北白川]]各町を含んでそれより南の地区のみであった。昭和5年(1930年)に東山区との区境変更があり、区南端の粟田口地区の一部が東山区に編入された。昭和6年に愛宕郡[[修学院村]][[松ヶ崎村 (京都府)|松ケ崎村]]、昭和24年(1949年)に同郡[[岩倉村 (京都府)|岩倉村]]、八瀬村、大原村、静市野村、鞍馬村、花脊村、久多村を編入した。昭和32年(1957年)には[[北桑田郡]][[京北町]]の一部(大字広河原)を編入し、現在の区域となった。
 
== 町名の概要 ==
京都市内の町名には「大原来迎院町」のように旧村名、旧[[大字]]名に由来する広域地名(上記例の場合は「大原」)を冠称するものと、「亀屋町」「菊屋町」のような単独町名とがある。左京区内の町名は区の南西端の二条川東地区にある29町と、永観堂町、永観堂西町、銀閣寺町、銀閣寺前町、黒谷町、若王子町が単独町名で、他は旧大字名などの地区名を冠した複合町名である。
 
区内の公称町名の数は、『角川日本地名大辞典 26 京都府』下巻によれば1980年現在569町であった。その後、一部地区で[[土地区画整理事業]]実施等に伴う町名町界の変更があり、12 町が新たに起立、7町が廃止されて、2009年現在は574町となっている。
 
区内には「修学院音羽谷」「松ケ崎東山」のように、末尾に「町」字を付さない町名が一部に存在する。これらは、いずれも昭和6年(1931年)に編入された地区であり、山間部などで、昭和6年の町名成立時において当該区域内に人家が存在しなかったものである。
現行の町名、町界は近世のそれがおおむね引き継がれている。ただし、新東洞院町、菊鉾町、新車屋町、大菊町、新丸太町は明治2年(1869年)に近隣の数か町が合併して成立した町名であり、石原町は明治16年(1883年)、愛宕郡聖護院村の一部が当時の上京区に編入された際に成立したものである。
 
明治元年(1868年)、京都府が成立すると、これらの町を含む上京の町は上京1 - 45番組に組織された。これらの町組は、その後たび重なる変遷を経て、明治25年(1892年)には計28 の「学区」に組織された(明治以降の行政区画の変遷については別項「[[京都市上京区の町名]]」を参照)。左京区に属するのはそのうちの第27及び第28学区であり、昭和4年(1929年)には小学校名を付してそれぞれ錦林学区及び新洞学区と呼称されるようになった。これらの学区は昭和16年(1941年)に廃止されており、現在では正式の地区名ではないが、その後も「[[京都の元学区|元学区]]」として、地区の呼称に用いられている。
 
;第27・28学区の行政区画の変遷
*(昭和13年成立)塚本町、東塚本町、岸本町、東岸本町、梅ノ木町、東・西梅ノ木町、本町、東・西本町、東森ケ前町、東・西高木町
*(昭和14年成立)東・西半木町、貴船町
*(昭和24年上京区[[上賀茂]]より編入)北・南茶ノ木町(*)、水口町(*)、北・南芝町(*)、北・南野々神町、梁田町、夜光町、神殿町、狗子田町、前萩町、萩ケ垣内町(以上、*印は昭和15年成立、他は昭和6年成立)
 
「'''賀茂'''」を冠称する2町はもとの愛宕郡上賀茂村である。上賀茂村には上賀茂、小山の2つの大字があった。このうち大字小山は大正7年(1918年)、当時の上京区に編入され、現在は北区のうちとなっている。大字上賀茂は一部が大正7年、当時の上京区に編入され、「賀茂」を冠称する4町(今井町、半木町、板倉町、玄以町)に編成された。このうち、板倉町は昭和11年、玄以町は昭和12年に廃止されたが、「板倉」、「玄以」の地名は、現在の北区小山の町名に継承されている。以上により、「賀茂」を冠称する町名は2町となっている。なお、大字上賀茂の残余は、昭和6年、当時の上京区に編入されて「上賀茂」を冠称する町名となり、現在は北区に属している。
|}
 
「一乗寺」「修学院」「山端」及び「上高野」を冠称する町名は、もとの愛宕郡[[修学院村]]で、昭和6年(1918年)、左京区に編入された。修学院村には一乗寺、修学院、高野の3つの大字があったが、このうち大字一乗寺は昭和6年、「'''一乗寺'''」を冠称する91町に編成された。その後、以下のような町名町界の変更を経て、「一乗寺」を冠称する町は89町となっている。
*(昭和42年成立)東・西閉河原町、東・西杉ノ宮町、北・南大丸町、東・西水干町
*(昭和42年廃止)杉ノ宮町、大丸町、水干町、神戸町、四十町、辻ノ町、閉河原町、宮ノ西町、目空尻町、横枕町
昭和40年(1965年)、当時の京都市内各所に残存していた「大字○○字XX」の区域はすべて「町」となり、「○○XX町」と改称された。この際、「左京区大字修学院」として存続していた区域は修学院山神町、修学院高岸町、修学院松本町の3町となった。以上により、現在は「修学院」を冠称する町名は55となっている。
 
大字高野は昭和6年、前述の旧田中村大字高野河原との区別のために頭に「上」をつけた「'''上高野'''」を冠称する60町に編成された。その後、土地区画整理事業実施に伴い、昭和55年に草木町、三十三町、地前町、図惣町、藤城町、本折町、横枕町の7町が廃止され、「上高野」を冠称する町名は53町となっている。
 
;旧松ケ崎村
|}
 
「'''松ケ崎'''」を冠称する町名は、もとの愛宕郡[[松ヶ崎村 (京都府)|松ケ崎村]]で、昭和6年(1931年)、左京区に編入された。松ケ崎村には大字はなく、旧村域は昭和6年、大部分が「松ケ崎」を冠称する55町に編成され、残余は左京区字鞍馬田、字糺田として残された。その後、以下の変更を経て、「松ケ崎」を冠称する町名は59町となっている。
*(昭和15年成立)松ケ崎鞍馬田町、松ケ崎糺田町(小字から町に変更)
*(昭和13年成立)松ケ崎桜木町、松ケ崎東桜木町、松ケ崎西桜木町