「朝霞市」の版間の差分

m
* [[1955年]]4月1日 - 北足立郡[[内間木村]]と合併し、新たに朝霞町となる。
* [[1967年]][[3月15日]] - 市制施行により、'''朝霞市'''となる(東上線沿線では、[[川越市]]、[[東松山市]]に次いで3番目の市制施行)。
 
=== 合併構想 ===
[[2001年]]4月に朝霞市・志木市・和光市・新座市の4市で法定合併協議会を設置し、新市役所を朝霞市に置くこと、2005年3月までに合併することなどを決定していたが、4市の住民投票で和光市が反対多数(他3市は賛成多数)となり協議会は解散した。再度[[2003年]]に和光市を除く3市で任意協議会を発足させたが、合併特例法期限内の日程に間に合わないことから協議会は解散した。4市の合併では人口約45万人で[[中核市]]を目指すとしていたが、さらに広域合併構想として、同じ地域圏(南西部地域)の[[富士見市]]、[[ふじみ野市]]、[[三芳町]]や、市域の一部が元埼玉県である東京都[[清瀬市]]を合併して約80万人の[[政令指定都市]]を目指す構想もある。なお合併を見越して[[1998年]]に4市の消防本部が統合され[[埼玉県南西部消防本部]]が誕生している。
 
== 行政 ==
1,974

回編集