「ジョージ・ガブリエル・ストークス」の版間の差分

編集の要約なし
** [[粘度]]の単位[[ストークス]]
* 光学の分野
** ストークス[[散乱]] - [[ラマン散乱効果]]に詳しく説明がある。
* 数学の分野
** [[ストークスの定理]] - ストークスの定理の初出は、[[ケンブリッジ大学]]の数学の優等試験(トライポス)であり、ストークスは、旅行中の友人の物理学者[[ウィリアム・トムソン]]が書き送った手紙を受け定理を知り試験に出題したものとされる<ref>
*鉱物の分野
ストークス石Stokesiteという[[錫]]と[[カルシウム]]を含む[[ケイ酸塩鉱物]]は彼の名前に由来するものである。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}