「見沼区」の版間の差分

m
編集の要約なし
(→‎行政: 内容修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m
 
== 地理 ==
さいたま市の北東部に位置する。名の由来である[[見沼]]は、区の西端を南下し南へ流路を変える部および南部の[[低地]]に広がっていた。現在は[[芝川 (埼玉県)|芝川]]と、区東部を南下する[[見沼代用水東縁]]が流れる。中央部は見沼に囲まれた[[台地]]上にほとんどがする。し、低地である東部から南部には「[[見沼田圃]]」と呼ばれる田園地帯が広がり、埼玉県の「[[見沼三原則|見沼田圃の保全・活用・創造の基本方針]]」により、緑地が保護されている。北東部の[[深作沼]]周辺は広大な[[湿地帯]]であったが、沼の大半が埋め立てられ、住宅地が建設されている。
さいたま市の北東部に位置し、旧[[大宮市]]東部にあたる。区名は西部、東部および南部の[[低地]]に広がっていた[[見沼]]から。
区西端を南下し南部で東へ流路を変える[[芝川 (埼玉県)|芝川]]と、区東部を南下する[[見沼代用水東縁]]とに囲まれた[[台地]]上にほとんどが属する。低地である東部から南部には「[[見沼田圃]]」と呼ばれる田園地帯が広がり、埼玉県の「[[見沼三原則|見沼田圃の保全・活用・創造の基本方針]]」により、緑地が保護されている。北東部の[[深作沼]]周辺は広大な[[湿地帯]]であったが、沼の大半が埋め立てられ、住宅地が建設されている。
 
[[昭和]]30年代、中央部の[[七里村#大谷村|大谷]]に県営団地が造成されたのを機に、[[加田屋川]]沿いから[[七里駅]]にかけて宅地化が進んだ。
* [[2001年]]([[平成]]13年)[[浦和市]]、大宮市、[[与野市]]が合併して'''さいたま市'''となる。
* [[2003年]](平成15年)[[政令指定都市]]移行に伴い、旧大宮市東部を区域とする'''見沼区'''が設置される<ref name="大砂土">旧大砂土村のうち、西部の土呂・今羽・西本郷(本郷)は北区となり、東部は見沼区となった。</ref>。[[郵便番号]]は「'''330'''」から「'''337'''」に変更された。
* [[2005年]](平成17年)風渡野に[[大宮東警察署]]が開設。長年の懸案であった、当地見沼区のみを管轄する警察署の設置が実現した
 
== 行政 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
*『大宮のむかしといま』大宮市([[1980年]]11月発行)
 
== 関連項目 ==
1,974

回編集