「カルパナ・チャウラ」の版間の差分

編集の要約なし
(コロンビア大学→コロラド大学)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
宇宙飛行士としては[[ミッション・スペシャリスト]]としてロボットアームの操作訓練を受け、1997年に打ち上げられたスペースシャトルミッション[[STS-87]]では、太陽観測衛星スパルタン201-04の放出と回収になど携わった。2回目のシャトル搭乗となった2003年のミッション[[STS-107]]では微小重力下の実験を担当したが、シャトル帰還時に発生した機体分解事故により殉職した。
 
事故の前年に打ち上げられていたインドの[[気象衛星]]MetSat-1は、彼女を記念して2003年に[[Kalpana-1]](カルパナ-1)と改名された。また小惑星 [[カルパナ・チャウラ (小惑星)]]も彼女を記念した命名である。母校のテキサス大学アーリントン校は彼女を記念して2004年にカルパナ・チャウラホール(学生寮)を建設。学生たちの間ではKCホールと呼ばれている。
 
{{DEFAULTSORT:ちやうら かるはな}}
匿名利用者