「ネェル・アーガマ」の版間の差分

m
→‎艦艇解説: 表現を修正
m (→‎艦艇解説: 表現を修正)
[[宇宙世紀]]0088年11月に[[アナハイム・エレクトロニクス社]][[宇宙世紀の施設と地名#グラナダ|グラナダ]]工場が大型艦船シェアの奪取を目論んで建造した戦艦である。[[モビルスーツ]] (MS) 運用を念頭において設計された機動戦艦で、[[一年戦争]]時に活躍したペガサス級強襲揚陸艦[[ホワイトベース]]の意匠を、強く引き継いでいる。
 
[[アーガマ (ガンダムシリーズ)|アーガマ]]に代わるエゥーゴ[[旗艦]]として開発され、アーガマの特徴美点として挙げられていあったMS運用能力を大幅に向上させるため、前方に[[カタパルト]]を上方に3基、下方に2基、後方に着艦用デッキを1基装備しており、[[ΖΖガンダム]]を3機に分離した状態で同時に発進させることも可能。MS搭載機数は、上下左右サイドデッキには当初は各2機・改修後は各3機、メインデッキは4機。1個MS大隊が運用可能である。エンジンブロックから四方に展開した4本のアームは折りたたみ可能な「カウンタースラスター」であり、MSがカタパルト発進した際の反動を打ち消す目的で船体重心から離れた位置に4基装備されている<ref name="setumei">設定画内の説明文より。</ref>。また、艦中央から左右に伸びる主翼部分は折り畳み式であり、内蔵の太陽光ソーラーパネルからハイパー[[ミノフスキー粒子#ビーム兵器|メガ粒子砲]]や、メインエンジンにソーラーエネルギーを供給している<ref name="setumei"/>。
 
また、アーガマでは欠点として挙げられていた火力の不足も、本艦ではハイパーメガ粒子砲などの多数の火器を装備することで克服している。主砲の操作は三重になっており、砲座・サブブリッジ・ブリッジからのコントロールが可能である<ref>『[[機動戦士ガンダムΖΖ]]』第37話のミリィ・チルダーの説明より。</ref>。<!--操艦については、語っていない-->「強襲巡洋艦」だったアーガマ級とは異なり、竣工直後は「機動戦艦」にカテゴライズされていた。ただし、ロンド・ベル編入後には「[[強襲揚陸艦]]」となっている。地球連邦軍の「ロンド・ベル」発足の際に行われた部隊編成完結式および観艦式に参加していた、観閲官かつ同隊創設の立役者にして連邦政府高官であるジョン・バウアーが、同隊の実戦部隊として対抗しうるだけの組織への編成を提案・実施した。
429

回編集