「埼玉県」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
 
== 名称 ==
[[浦和県]]、[[岩槻県]]、[[忍県]]が統合してできた旧埼玉県(現在の埼玉県の東側3分の1)の設置当初、[[県庁]]が[[埼玉郡]]岩槻町(現:[[さいたま市]][[岩槻区]])に置かれる予定であったため、その郡名から'''埼玉県'''と名付けられた。ただしかし、当時の岩槻に県庁として使用するために適した建物がなかったため無く、県庁業務は県内最大の人口があった[[足立郡]][[浦和宿]](現:さいたま市[[浦和区]])にある旧[[浦和県]]庁舎で行われた。一方、現在の埼玉県の西側3分の2に当たる地域は'''[[入間県]]'''となり、その後、[[群馬県]]と合併して[[熊谷県]]となるも僅か3年で熊谷県は解消され、旧入間県地域は旧埼玉県と合併して現在の埼玉県が誕生した。その際に、埼玉県の名称のまま県庁所在地も浦和宿となったため、岩槻町が実質的な県庁として機能することはなかった。[[1890年]](明治23年)[[9月25日]]には、[[勅令]]により正式に[[北足立郡]][[浦和市|浦和町]]が県庁所在地となった。
 
「埼玉」の地名の発祥地は「埼玉郡[[埼玉村|'''埼玉'''(さきたま)村]]」(現:[[行田市]]大字埼玉)である。その名称の由来は諸説あるが、[[埼玉古墳群]]が由来とする説や、[[幸福]]をもたらす[[神]]の働きを意味する「幸魂」(さきみたま)から名づけられたとする説がある。[[奈良時代]]の『[[万葉集]]』に'''「前玉」「佐吉多万」'''(さきたま)という記述があり、また、[[平安時代]]の『[[和名類聚抄]]』に'''「埼玉」「佐伊太末」'''(さいたま)という郡名がみられる。当時、既に「さいたま」と呼ばれていることが分かる。 
県内は[[首都高速道路|首都高速]]・[[東京外環自動車道|東京外環道]]・[[関越自動車道|関越]]・[[東北自動車道|東北]]・[[常磐自動車道|常磐]]・[[首都圏中央連絡自動車道|圏央道]]などといった[[高速道路]]が多く集まり、高速道路が比較的整備されているが、[[一般道]]については十分に整備されていない地域が多く、自動車の増加や大規模商業施設の郊外立地化に伴い各地で道路渋滞が慢性・深刻化している。
 
また、埼玉県の特徴のひとつに、同等の人口を持つ自治体が多数存在することが挙げられる。県内には全国最多の40の[[市]]があり、その内、22市は人口10万人を超えている([[2015年]])。また、県の100万口は全国で第5位都市でありながら、合併によって[[さいたま市]]が誕生するまでを筆頭に5060万人都市は存在しなかった(さいたま市の合併時である[[2001年]]当時[[浦和市]]約48万人、[[川口市]]約46万人[[大宮市]]約4530万人。その後の人口増加により、[[2014年]]までに旧3域とも人口50万人を突破)。埼玉県行政の中枢である浦和川越市、商業の中心[[大宮駅 (埼玉県)|大宮駅]]を擁する大宮所沢という二大都市があったが市制施行は[[川]]最も早かった。一方、[[2001年]]県南東部浦和市・大宮市・[[与野市]]の合併で100万都市であ集中す[[政令指定都市]]・「さいたま市」が成立し(その後[[岩槻市]]を[[2005年]]編入)、国などの関東地方出先機関が集まる[[さいたま新都心]]も造成されが誕生したことで、東京のベッドタウンから関東地方において独自の重要性を持つ地域になりつつある。また、県西部では川越市、県東部では[[越谷市]]が[[中核市]]となっている。[[都営大江戸線]]や[[埼玉高速鉄道]]の延伸も計画されており、市街地の拡大が続いている。
埼玉県は、場面や分野に応じて[[北関東]]に区分される場合もあれば[[南関東]]に区分される場合もある。また、埼玉県は[[千葉県]]や[[東京都]]、[[神奈川県]]とともに「[[三大都市圏|東京圏]]」を構成し、相互の通勤・通学等の流動が多いことなどを重視し、南関東に区分されることが多いが、[[衆議院議員総選挙]]における[[衆議院比例代表制選挙区一覧|比例ブロック]]においては北関東に区分されている。
 
1,974

回編集