「バージョン管理システム」の版間の差分

== 主なバージョン管理システム ==
=== フリーソフトウェア(オープンソース) ===
* [[arch|GNU arch]] - 分散型。[[C言語]]、[[シェルスクリプト]]で実装されている。
* [[Bazaar]] - 分散型。[[Python]]で実装されている。
* [[Concurrent Versions System|CVS]] - 集中型。[[C言語]]で実装されている。
* [[CSSC|GNU CSSC]] - [[SCCS]]のクローン。もうほとんど使われることはていない。
* [[Darcs]] - 分散型。[[Haskell]]で実装されている。
* [[Git]] - 分散型。[[Linux]]のコード管理のために作られた。[[C言語]]、[[シェルスクリプト]]、[[Perl]]などで実装されている。
* [[Mercurial]] - 分散型。[[Python]]、[[C言語]]で実装されている。
* [[Monotone]] - 分散型。[[C++]]で実装されている。
* [[Subversion]]RCS - 集中型。[[ConcurrentRevision VersionsControl System|CVS]]の改良版という位置づけ。[[C言語]]で実装されている。
* [[VeracitySubversion]] - 分散集中型。[[C言語Concurrent Versions System|CVS]]の改良版いう位置づけ。[[JavascriptC言語]]で実装されている。[[Apache License]]
* [[Veracity]] - 分散型。[[C言語]]と[[Javascript]]で実装している。[[Apache License]]。
 
=== プロプライエタリ ===
2,245

回編集