「ネビュラ賞」の版間の差分

投票規約に関する説明の修正
m
(投票規約に関する説明の修正)
'''ネビュラ賞'''(ネビュラしょう、''The Nebula Awards'')は、[[アメリカSFファンタジー作家協会]] (SFWA) が主催し、[[アメリカ合衆国]]内で前暦年に刊行された英語のSF([[スペキュレイティブ・フィクション]])/)や[[ファンタジー]]作品を対象に授与する[[文学賞]]。ネビュラとは[[星雲]]のこと。
 
SF・ファンタジー作品に与えられる賞としては[[ヒューゴー賞]]と知名度を二分する。ヒューゴー賞は(ワールドコンに登録した)ファンの投票によって選ばれる賞であるのに対し、ネビュラ賞はSFWA会員(作家、編集者、批評家など)の投票によって選ばれる点が異なる。
 
1966年の第1回以降、毎年続いている。2008年までは過去2年以内に刊行された作品が対象となったが、2009年以降は前年の作品のみが対象となるよう規約が改定されている。そのほか、幾度か規約の改定が行われている。
 
同じ作品が、ネビュラ賞とヒューゴーの両方を同時受賞する例も少なくない。そのような作品は「ダブル・クラウン」と呼ばれる。
 
== 概要 ==
ネビュラ賞はSFWAが主催し、SF(スペキュレイティブ・フィクション)/)やファンタジー作品を対象に授与する文学賞である。受賞者には、輝く渦巻き状の星雲と、惑星を象った宝石を埋め込んだ透明なブロックのトロフィーが授与されるが、賞金はない。<ref name="Hist"/> このトロフィーのデザインは[[ケイト・ウィルヘルム]]のスケッチに基づきJ・A・ローレンスが手がけたもので、第1回以降変更されていない。
 
選考対象となるのは、アメリカ国内で前暦年に刊行された英語の作品である。SFやファンタジーの定義は明文化されていないので、どの作品を対象とするかは推薦者・投票者の裁量に任される<ref name="Hist"/>。
 
ネビュラ賞の候補作・受賞作はSFWAの会員によってる投票で選ばれるが、SFWA会員以外の著作も対象となる。候補作は毎年11月15日から翌2月15日までに行われる予備投票で、SFWA会員得票数推薦を受け付け(10人以上の推薦があった多い順に6暫定最終候補作リストに載り、そとなる(6位同票数中から最終作品はすべて候補となる)。本投票は3月に行われ、5月に開催されるネビュラ賞セレモニーで受賞作が発表・授与される。会員は自作に投票によっすることを禁じられ選ばれ<ref name="Locusrules"/>)、得。候補を辞退することはできる。本投票の多い順に6作(結果がとなった場合は超過あり)、予備投票での得票数の多かった方最終候補受賞作となる<ref name="NEBrules"/>
 
 SFWA会員による本投票は3月に行われ、5月に開催されるネビュラ賞セレモニーで受賞作が発表・授与される。会員は自作を推薦することを禁じられている。候補を辞退することはできる。本投票の結果が同数となった場合、推薦数の多い方が受賞作となる<ref name="NEBrules"/>。
 
==歴史==
1970年には「受賞なし」という選択肢が追加された。1971年の短編部門と77年のスクリプト部門で、実際に「受賞なし」となったことがある<ref name="Hist"/>。
 
また、当初は対象が昨12月-11月とされていたが、1980年受賞分からは暦年が区切りとなった。また同時に、SFWAの委員会が候補作を追加する権利を認められた。また、同一作品のマスマーケット・ペーパーバック版(ハードカバー版よりも数ヶ月以上遅れて刊行されることもある)の刊行も対象となった。2009年度以前のネビュラ賞では、「対象期間内において刊行から1年以内の作品」を投票対象とする決まりになっていた(つまり、2年前の刊行作品に投票することができた)。これらの規則のために、2007年にはすべての受賞作を2005年刊行作品が占めるという現象が起こった。2010年受賞分からは前暦年のみが対象となり、またペーパーバック版も対象から外されて現行の規定となった<ref name="SFEneb"/>。
2009年以前のネビュラ賞では、刊行の翌暦年までを受賞対象とする決まりになっていた(つまり、2年前の刊行作品に受賞することがあった)。
 
また、当初は対象時期が昨12月-11月とされていたが、1980年受賞分からは暦年が区切りとなった。また同時に、SFWAの委員会が候補作を追加する権利を認められた。また、同一作品のマスマーケット・ペーパーバック版(ハードカバー版よりも数ヶ月以上遅れて刊行されることもある)の刊行も対象となった。これらの規則のために、2007年にはすべての受賞作を2005年刊行作品が占めるという現象が起こった。2010年受賞分からは前暦年のみが対象となり、またペーパーバック版も対象から外された<ref name="SFEneb"/>。
 
 
== 部門 ==
小説部門の分類における分量の目安は、ヒューゴー賞の小説部門と同じである。本賞の受賞年度は受賞年を基準としている。
{| class="wikitable" width="100%" cellpadding="5" style="margin: 1em auto 1em auto"
|-
! |現在の部門名