「さいたま新都心」の版間の差分

m
修正
m (ライジング大宮 がページ「さいたま新都心」を「さいたま新都心土地区画整理事業」に移動しました: 語句の混同修正)
m (修正)
[[ファイル:Saitama-Shintoshin M.T.P BLD.JPG|thumb|275px|[[日本郵政]]さいたま新都心ビル(旧さいたま新都心[[郵政省|郵政]]庁舎)<br>[[さいたま新都心郵便局]](左側)]]
[[File:Saitama Sibakawa 1.jpg|thumb|275px|さいたま百景に選定された見沼田圃と新都心]]
'''さいたま新都心土地区画整理事業'''(さいたましんとしん とちくかくせいりじぎょう、{{lang-en-short|Saitama New Urban Center}})は、[[埼玉県]][[さいたま市]]にあで行われた区画整理事業で、'''さいたま新都心'''と称される業務地区であるが整備された。[[東京都特別区|東京]]の機能の「[[新都心]]」となるべく企図され、[[官公庁]]の関東地方出先機関などが進出している。
 
== 概要 ==
: 13街区とけやき通中央線を挟んで南側の地区。施設は'''E-01'''コクーン1。
; 15街区
: 14街区と東西中央幹線を挟んで南側。施設はさいたま新都心駅東口自転車等駐車場が所在
; 16街区
: 14街区とけやき通東線を挟んで東側の地区。施設はコクーン1立体駐車場が所在
; 17街区
: 16街区と新都心東広場(公共地区で街区ではない)を挟んで北側。施設は'''E-16'''コクーンシティ住宅展示場と、[[SoftBank (携帯電話)|SoftBank]]のネットワークセンター。[[住宅展示場]]では今後、再開発を行う計画となっている([[#13-17街区|後述]]参照)。この他、区画道路に対面して'''E-18'''ガーデンヒルズ迎賓館(結婚式場)がある。
* 8・6・3 さいたま新都心東西連絡路(大宮ほこすぎ橋)
** 頭の数字は道路種別、中は道路幅員種別、後は路線番号
 
=== 鉄道・駅 ===
* [[さいたま新都心駅]]: [[東日本旅客鉄道]][[宇都宮線]]・[[高崎線]]([[上野東京ライン]])・[[京浜東北線]]
* [[北与野駅]]: 東日本旅客鉄道[[埼京線]]([[北与野デッキ]]で連結)
* [[与野駅]]: 東日本旅客鉄道京浜東北線(新都心南部への最寄)
 
=== 主要連絡道路 ===
* 埼玉県道164号鴻巣桶川さいたま線(旧中山道)
* 埼玉県道159号さいたま北袋線(赤山東通り)
 
=== 鉄道・駅 ===
* [[さいたま新都心駅]]: [[東日本旅客鉄道]][[宇都宮線]]・[[高崎線]]([[上野東京ライン]])・[[京浜東北線]]
* [[北与野駅]]: 東日本旅客鉄道[[埼京線]]([[北与野デッキ]]で連結)
* [[与野駅]]: 東日本旅客鉄道京浜東北線(新都心南部への最寄)
 
=== デッキ ===
* [[2008年]](平成20年)
** [[2月]] - 都市再生機構と「MNDさいたま」が土地譲渡契約を締結する。
** [[5月20日]] - 都市再生機構・埼玉県・さいたま市と「MNDさいたま」および「さいたま新都心開発[[特定目的会社]]」(開発主体として「MNDさいたま」を構成する企業グループが出資する会社)が正式に契約。また構成企業として[[鹿島建設]]が新たに参加した。高層ビルと公共公益棟(コンベンション施設)、デッキ式の重層広場で構成される計画で、高層ビルは街区の北西角地に立地し、する高層ビル(オフィスビルとしては埼玉県内最高の高さ186m・地上38階地下1階なる公共公益棟当初は171m・36階建てコンベンション施設)、デッキ式重層広場で構成される計画を埼玉県とさいたま市の要求延長した。このため公益施設屋上には人芝の[[フットサル]]コートの整備も予定が当初より5ヶ月延びしてい。公共公益棟は高層ビルの南側に立地し、埼玉県の計画する各種施設と5階(3.1ha(さいたま市が8-1A街区に所有する土地(0.2ha)を事業者と等価交換で取得))にさいたま市の「[[サッカー]]のまち・さいたま」を代表する施設として「(仮称)サッカープラザ」が入る予定であった(計画時はサッカーミュージアム)。屋上には人工芝の[[フットサル]]コートの整備も予定していた。高層ビルの東側には、重層デッキ式の公共広場があり、屋上のフットサルコートとの間に大階段が造られる。既存施設との間では、すでに8-1A街区を結ぶデッキが完成済みであり、[[けやきひろば]]、合同庁舎1号館、2号館、ホテルブリランテ武蔵野とそれぞれ結ばれる(デッキを通して新都心駅・北与野駅とそれぞれつながる)。また公共広場は東側の「月のひろば」と下層部で一体化する計画であった。
** [[7月31日]] - 県・市と「さいたま新都心開発特定目的会社」が[[等価交換]]協定をそれぞれ締結。
* [[2009年]](平成21年)
[[Category:埼玉県の再開発地区]]
[[Category:都市再生緊急整備地域]]
[[Category:さいたま市中央区の地理歴史]]
[[Category:大宮区の地理歴史]]
[[Category:浦和区の歴史]]
[[Category:日本の都心等]]
[[Category:日本の計画都市]]
[[Category:日本の都市計画事業]]
1,974

回編集