「標準時」の版間の差分

m
注記は残しておくべき。
(→‎関連項目: +協定世界時との差)
m (注記は残しておくべき。)
'''標準時'''(ひょうじゅんじ、{{lang-[[:en:standard time|standard time}}]])とは、ある国または広い地域が共通で使う'''地方時'''をいう<ref>日本では本来の標準時のことを「地方標準時」と呼ぶことがある。これは日本では[[グリニッジ標準時|グリニッジ平均時]]を「グリニッジ標準時」と訳すことが多いので、「標準時」という言葉の概念の混乱が起きやすいためである。</ref>。<!--[[世界時]] (Universal Time) との混同を避けるため、'''地方標準時'''と呼ぶことがある。-->
 
地方時とはある地域・地点の時刻で、元来は[[平均太陽時]]であり、観測地点に依存し、[[経度]]の違いで1度あたり4分の時差が発生する。古くは、離れた都市はそれぞれの時刻を用い、同一の時刻に合わせることはなかった。これに対して標準時では、広い地域が共通の時刻を用いる。
 
標準時で用いる時刻は、現在は[[協定世界時]] (UTC) との差が1時間もしくは30分単位になる経度の地点の時刻を用いることが多い。その経度の選定は、国や地域が広がる経度の範囲の中心や、人口密度、都市の位置、その標準時が使われる地域間の時差などが考慮される。<!--[[協定世界時]] (UTC) との差が1時間もしくは30分単位になる地点の時刻を用いる。-->
 
共通の標準時を使う地域全体を「'''[[時間帯_(標準時)|標準時間帯]]'''」、「'''[[時間帯_(標準時)|時間帯]]'''」、「'''[[時間帯_(標準時)|等時帯]]'''」、「[[時刻帯]]」または「'''タイムゾーン(time zone)'''」といい、その地域の標準時を示す際にはUTCとの差で示すことが多い。また国によって[[夏時間]]が使われる。
 
[[Image:Standard World Time Zones.png|thumb|350px320px|[[時間帯_(標準時)|標準時間帯]]]]
 
== 標準時の歴史 ==
多くの人々はこの新しい時刻「鉄道時間」を単純に受け入れたが、これには法的裏付けがまったくないとして拒否する市や郡も少なくなかった。法律に規定がないと、例えば契約書の満了期限として深夜 (midnight) と書かれていた場合、この深夜はいつを意味するのかといったことが問題になる。[[アイオワ州]]の最高裁判所で審理されたある裁判では、閉店時間の違反に問われたある酒場の経営者が自分は「鉄道時間」ではなく地方(太陽)時に基づいて営業していると主張して無罪となった例があった。その後も標準時は地域の問題となっていたが、[[1918年]]に[[サマータイム]]の導入の一部として標準時が法律で制定された。
 
[[1868年]][[11月2日]]には[[ニュージーランド]]が全国で使われる標準時を公式に採用した。名称はニュージーランド平均時 (New Zealand Mean Time)。おそらくこれが国内で単一の標準時を採用した最初の国であったと考えられる。ニュージーランドの標準時は東経172度30分の経度に基づくもので、[[グリニッジ標準時|グリニッジ平均時]]より11時間30分進んだ時刻となっている。<!--この標準時はニュージーランド標準時 (New Zealand Mean Time) として知られた。-->
<!--==参考文献==
D,シャドウ -->