「投影式」の版間の差分

編集の要約なし
m (Otheruses)
{{Otheruses|化学分野|地図学分野|投影法 (地図)}}
 
[[Image:Eclipsed.png|thumb|[[のこぎり台投影式|木挽き台表示]](左)と対応するニューマン投影式(右)]]
[[Image:D-tartaric acid.png|thumb|フィッシャー投影式(上)と対応する[[ナッタ投影式|ジグザグ表示]](下)]]
 
'''投影式'''(とうえいしき)とは、[[分子]]の立体構造を平面上に書き表すために使用される[[化学式]]の書き方<ref>[http://goldbook.iupac.org/P04873.html IUPAC Gold Book - projection formula]</ref>。代表的なものに以下の3種類がある。
その他、以下の表記法も投影式と呼ばれることがある。
 
* 木挽き台表示 (([[のこぎり台投影式]]、sawhorse projection)projection) - ある化学結合を斜めの直線として描き、それにたいして相対的な立体配座をすべて直線で表す<ref>[http://goldbook.iupac.org/S05480.html IUPAC Gold Book - sawhorse projection]</ref>。
* 楔形表示 (wedge projection) - ある平面に対して、分子の奥行を白抜きの[[楔]]のつながりであらわす<ref>[http://goldbook.iupac.org/W06667.html IUPAC Gold Book - wedge projection]</ref>。[[シクロアルカン]]の表示に使われたが、今日ではほとんど用いられていない。
* ジグザグ表示 (([[ナッタ投影式]]、zig-zag projection) projection)- 分子の主鎖を[[ジグザグ]]の直線で書き、それに対して手前に位置する置換基を太線の楔で、奥に位置する置換基を点線の楔で描く<ref>[http://goldbook.iupac.org/Z06747.html IUPAC Gold Book - zig-zag projection]</ref><ref>[http://old.iupac.org/reports/provisional/abstract04/BB-prs310305/Chapter9.pdf Preferred IUPAC Names Chapter 9, p95.1, September, 2004]</ref>。今日では、この記法を楔形表示と呼ぶことが多い。
 
== 脚注 ==