「窃視症」の版間の差分

m
編集の要約なし
(DSM-5の記述を追加)
m編集の要約なし
|GeneReviewsName =
}}
'''窃視症'''(せっししょう、scopophilia<ref name="daijisen">デジタル大辞泉「窃視症」</ref><!--{{lang-en-short|Voyeurism}}-->)とは、[[裸体]]などを[[のぞき]]見ることによって性的快感を得ること<ref name="daijisen" />、その症状。DSM-5では'''窃視障害'''(せっししょうがい{{lang-en|Voyeuristic Disorder}}に名称が変更された。
 
通常は、警戒していない見知らぬ人の[[裸]]や衣服を脱ぐ行為、または性行為を見ることに強い性的嗜好を有すること。瞠視症(どうししょう)とも言う<ref name="daijisen" />。日常語では「のぞき癖」、「[[出歯亀]]」などとよばれる。<!--英語では、peepers{{要出典|date=2013年8月}}、inspectionalism{{要出典|date=2013年8月}}、mixoscopia{{要出典|date=2013年8月}}などともよばれる。-->[[露出狂]]はほぼ反対の[[概念]]である。