「アーサー・マイケル」の版間の差分

(Normdaten moved to wikidata)
1853年、[[ニューヨーク州]]の[[バッファロー (ニューヨーク州)|バッファロー]]にて裕福な不動産投資家であったジョンとクララ・マイケルの子どもとして生まれた<ref name=Tokoroyama>{{cite doi|10.1002/ejoc.200901130}}</ref>。化学は地元の教師と彼の手製の実験室で学んだ。病気により[[ハーバード大学]]に通うことを断念したが、1871年に[[ヨーロッパ]]を旅行した際に[[ドイツ国|ドイツ]]に[[留学]]することを決心した。
 
[[フンボルト大学ベルリン|ベルリン大学]]の[[アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマン|ホフマン]]化学実験室で研究したのち、[[ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク|ハイデルベルク大学]]では[[ロベルト・ブンゼン]]に、2年後には再度ホフマンに師事した。彼はそのとき[[留年]]のために、[[パリ]]の薬科大学で[[アドルフ・ヴュルツ]]に、[[サンクトペテルブルク]]の[[ドミトリ・メンデレーエフ]]に師事した。
 
1880年にアメリカに戻り、1882年から1889年まで[[タフツ大学]]で化学の[[教授]]となった。タフツ大学では、1888年に彼の学生であった[[ヘレン・セシリア・デ・シルバー・アボット]]と出会い、結婚した。数年後に夫妻は[[イングランド]]の[[ワイト島]]に渡って自作の研究所で研究を行い、1894年には再度タフツ大学に戻り1907年には[[名誉教授]]となった。5年後に退官したが、1912年にはハーバード大学で化学の教授となり、1936年まで勤めた。