「クドー・シュンサク」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''クドー・シュンサク'''(([[1978年]][[1月24日生まれ)]] - )は[[ミュージシャン]]であり、[[ライター]]、[[コラムニスト]]、[[放送作家]]等をはじめとするマルチ[[執筆著作家]]で、[[作曲家]]、[[演出家]]、[[ラジオナビゲーター]]など、多くの仕事をこなす威風柔な表現人。トークライブ「素敵小箱」の企画・構成・出演もする。本名:玉川昌雲(たまがわ しょううん ※ジュリー・アンクルの異名も持つ)[[大阪府]][[大東市]]出身。[[大阪総合デザイン専門学校]]卒業。身長188cm、体重80kg、血液型O型。現在は[[横浜市]]内に在住。<br />
 
== 人物・来歴 ==
* 生まれ育った大阪では野球や[[ロック]]や[[レコード]]、家具のデザインや映画に興味を持つ青春時代を過ごす。<br />
* 貧しくはない家庭で育つも、「貧しさより悲しいものがあった」という青春時代を過ごす。<br />
*[[大阪市立扇町高等学校]]卒業。(専攻は[[人文学科]])その後[[大阪総合デザイン専門学校]]に入学し2年間デザインを学ぶ。<br />
* 1998年、20歳で大阪から上京。高校生のころに縁があった事務所に所属し、約2年間[[俳優]]と[[モデル]]として活動し、廃業。<br />
* 2000年ごろ、知人たちとロックンロールバンド「THE CHUCK BEN PILEDER(ザ・チャック・ベン・パイルダー)」を結成。ギター・ボーカルを担当。2枚のアルバムと1枚のシングルを[[インディーズ]][[レーベル]]からリリース。<br />
* 2005年バンド名を「SOULAVY(ソウラヴィ)」とし、活動に拍車をかける。ストレートでモダンな楽曲と歌で[[新宿ロフト]]や[[渋谷クラブクロール]]をはじめとする東京の[[ライブハウス]]シーンで活躍。[[ライブハウスレーベル]]や大手事務所がその存在を知り契約を持ちかける。契約後1枚のアルバムをリリースし、その翌年解散。<br />
* 2008年タマガワショウウン名義で[[弾き語り]]の音楽活動開始。このころから[[アートシンセスジャンボリー]]の[[舞台音楽]]や[[コミュニティラジオ]]の[[ジングル]]など、楽曲提供も開始。同時に、友人の芸人のライブの構成にも関わり始める。<br />
* 老舗ライブハウス「[[APIA40]]」が刊行する音楽情報誌「[[あたふた]]」誌上で2011年からコラム「[[雨のフォスフォレッセンス]]」を連載。[[文章家]]としての活動が本格的に。同時期から横浜のWEBマガジン「[[はまれぽ.com]]」をはじめとするいくつかの編集部と契約。<br />
* [[文章家]]と[[弾き語り]]の[[ミュージシャン]]として活動していた2011年に、新宿歌舞伎町の[[サパークラブ]]で小屋[[ミュージシャン]]としてライブをしている際にオーナーから「話が面白いから[[トーク]]の[[イベント]]やってみろよ」と言われ、トークライブ「[[素敵小箱]]」が開催される(2016年1月現在までに31回の開催)<br />
* [[横浜]]は[[関内]]にある[[松陰高等学校]]にて2013年夏に[[講演会]]を行う。(フリーとして、個人として社会で活動することについての講演オファーが入ったため)<br />
* 2013年[[秋葉原]]の[[アイドルグループ]]「アイドルファーム」のグループ楽曲担当となり「Start over star」をはじめとする楽曲を制作。その後グループの[[アドバイザー]]にも就任。きっかけは[[伊勢佐木町]]の[[アイドル]]に取材した際、運営側がクドーを気に入り、音楽人ということを知ったため新たなグループの組閣入りを持ちかけた。<br />
* 2014年、住まいを[[横浜]]に移し、[[はまれぽ.com]]での執筆や企画、[[YOUテレビ]]の[[情報番組]]や[[テレビ神奈川]]の「[[RDY!YOKOHAMA MARATHON]]」、[[チャンネルオープンヨコハマ]]に出演、[[エフエム戸塚]]では[[情報番組]]の[[準レギュラー]]に[[教養番組]]のゲスト出演、[[馬車道]]発横浜アイドル「[[ポニカロード]]」への[[楽曲提供]]、各[[放送メディア]]での企画構成など、幅広く活躍。<br />
* [[ヒューマンアカデミー]]の講師として2014年春から1年間、[[ヒューマンアカデミー]]渋谷校の教壇に立つ。(科目は演技B)<br />
*[[ エフエム戸塚]]で[[レギュラー]][[パーソナリティ]]の番組「あんちゃん・おっちゃん・エブリワン」が開始。同年秋からは「あんちゃん・ねえちゃん・おつかれちゃん」と番組名をあらため放送。<br />
* 2016年春から新番組「[[横濱遊戯]]」が[[エフエム戸塚]]で放送開始。<br />
== 特徴・エピソード ==
* 長身で長髪の風貌からは想像しがたい関西弁でこぼすトークが特徴。<br />
* 楽器は[[ギター]]と[[ブルースハープ]]と[[ドラム]]を得意とする。<br />
* [[横浜]]の[[関内]]・[[野毛]]・[[伊勢佐木モール]]・[[福富町]]・[[黄金町]]界わいが好き。<br />
* かなづちで方向音痴で乗り物酔いがひどく、左右の視力が全く違う自身を「鮮やかに欠陥品です」と[[ラジオ]]で告白。<br />
* 初めての連載は[[東京]]に在住しているころ近くにあった、小さな[[レンタルビデオ]]店の[[情報誌]]での映画評で当時は25歳。<br />
* [[バンド]]時代を「たぶん黄金期」と語り、裏[[渋谷]]で伝説の[[バンド]]だったと言われていたということについては「たぶんウソ」と語るも、200~300人規模のワンマンライブは満員、リリースした作品は[[タワーレコード]]でベスト10入りなど、一部で絶大な人気を誇っていた。<br />
* [[渋谷]]の老舗[[ライブハウス]][[APIA]](現APIA40)で[[南正人]]氏の前座として[[弾き語り]]で出演。<br />
* [[横浜]]の[[WEBマガジン]]「はまれぽ」ではマイナス60℃の冷凍庫に入ったり秘密[[女装クラブ]]で女装したり、[[カルト宗教]]に潜入などの企画で名を広め、名物[[ライター]]として人気を博す。<br />
* [[総合格闘技]]と[[落語]]が好きと公言していて、[[テレビ神奈川]]の[[チャンネルオープンヨコハマ]]に出演した際も、試食したパスタの味を[[総合格闘技]]に例えており、[[ラジオ]]番組のレギュラーでもよく[[落語]]の演目名で言葉遊びをする。<br />
* 35歳の時出演した[[ラジオ]]の[[教養番組]]で[[音楽]]キャリアでの作曲は何曲くらいですかという問いに「100曲斬り以上」と答えた。<br />
* 敬愛する著名人は[[松田優作]]と[[チバユウスケ]]と[[ボブディラン]]。<br />
* はまれぽの[[ネットユーザー]]から[[横浜観光大使]]に推薦されたこともあるほど、今の横浜に精通していると言われているが本人は「偏りがあるから僕はやめたほうがいい」という理由で断った。<br />
* [[未婚]]<br />
* トークライブ「[[素敵小箱]]」では多くの[[ゲスト]]が出演。[[吉本芸人]]や[[女子アナ]]や[[プロレスラー]]に[[大食いタレント]]、果ては[[週刊誌]]ですっぱ抜かれた直後のタレント、[[テレンス・リー]]を出演させ、事の真相を生で披露した。<br />
* [[ペンネーム]]のクドー・シュンサクはドラマ「[[探偵物語]]」で主演の[[松田優作]]が演じた[[私立探偵]]、[[工藤俊作]]から拝借している。<br />
* クドー・シュンサクと同時に使い分けるペンネームであるジュリー・アンクルは[[新宿ゴールデン街]]の「くさんちっぺ」で[[バーテンダー]]として働いている時、常連の中国人女性にジュリーと呼ばれたことがきっかけ。[[作曲]]や[[ラジオ]]出演の際はジュリーと名乗ることが多い。<br />
* [[執筆]]した[[海上自衛隊]]の記事が[[ヤフー]]の[[トップニュース]]に出る。<br />
* 2014年にフジテレビ系列の朝の情報番組「[[めざましテレビアクア]]」内のコーナー、タレントの[[鈴木ちなみ]]の「[[ちなみ探偵事務所]]」にて執筆した「外からまる見えのトイレ」の記事が取り上げられた。クドーの出演は写真のみ。<br />
* [[少女時代]]の[[ユナ]]の大ファン。<br />
 
== 主な仕事 ==
=== 執筆 ===
* [[クラウド]] ([[ライター]])<br />
* はまれぽ.com ([[ライター]])<br />
* [[@スピカ]] ([[コピーライター]])<br />
* [[ソニー・コンピュータエンタテインメント]] ([[ライター]])<br />
* 映画「[[涙そうそう]]」([[セールスコピー]])<br />
* 映画「[[虹の女神]]」([[セールスコピー]])<br />
* [[Perfume]]シングル曲「[[チョコレイトディスコ]]」([[セールスコピー]])<br />
* [[はねぎ・しねまじゃーなる]] (映画評連載)<br />
* [[雨のフォスフォレッセンス]] ([[コラム]]連載)<br />
* しょうちゃん君の空似 (WEB[[コラム]]連載)<br />
* MODERN TIMES (WEB[[コラム]]連載)<br />
 
<br />
=== 楽曲提供 ===
* アイドルファーム<br />
**「Start over star」作詞:あんざいDゆうき 作曲:ジュリー・アンクル<br />
**「Over ture」作曲:ジュリー・アンクル<br />
**「ピュアニッシモ」作詞:あんざいDゆうき 作曲:ジュリー・アンクル<br />
**「フタリノウタ」(未発表)作詞:あんざいDゆうき 作曲:ジュリー・アンクル<br />
 
<br />
* [[ポニカロード]]<br />
**「夢の中でも」作詞:フジシロコウジ 作曲:ジュリー・アンクル<br />
 
<br />
* ミゾブチリョウジ<br />
**「運命とひとひねり」作詞・作曲:ジュリー・アンクル<br />
 
<br />
* [[アートシンセスジャンボリー]]
**「ムーンセットムーンライズ」作曲:ジュリー・アンクル<br />
 
<br />
 
=== バンド作品 ===
* THE CHUCK BEN PILEDER<br />
** Compact Album「ROYAL STRAIGHT FLASH」<br />
** Full Album 「STAR`S BAR PSYCHEGIA」<br />
** Single 「星のディンダ/baby simone」<br />
 
<br />
* SOULAVY<br />
** MAXI SINGLE 「High&strange EP」<br />
** Album 「ca-va-bonaroo」<br />
 
<br />
 
=== ラジオ ===
* [[ロックラッシュレディオ]] ([[ラジオ日本]])[[ ゲスト]]出演 2006年11月 ※番組[[エンディングテーマ]]に楽曲が使用される<br />
* [[午後のカフェテラス]] ([[調布エフエム]])[[ ゲスト]]出演 2009年8月<br />
* [[E-ne! ~good for you~]] ([[FMヨコハマ]])[[ ゲスト]]出演 2011年5月 <br />
* [[とつかevening station]] ([[エフエム戸塚]]) 番組内コーナー[[準レギュラー]] 2013年5月~2014 - 2014年4月<br />
* [[教育の語り場]] ([[エフエム戸塚]])[[ ゲスト]]出演 2013年10月<br />
* あんちゃん・おっちゃん・エブリワン ([[エフエム戸塚]]) 2015年4月~2015 - 2015年9月<br />
* あんちゃん・ねえちゃん・おつかれちゃん ([[エフエム戸塚]]) 2015年10月~2016 - 2016年3月<br />
* [[横濱遊戯]] ([[エフエム戸塚]]) 2016年4月~<br />
 
<br />
== 外部リンク ==
* ジュリー・アンクルブログ「[http://blog.livedoor.jp/tamasho_/ 宵のstone]」<br />
* [http://www.fm-totsuka.com/ エフエム戸塚HP]<br />
* [http://hamarepo.com/story_list.php?user_id=471 はまれぽ.com「クドー・シュンサク ライター紹介」]
 
{{デフォルトソート:くとおしゆんさく}}
[[Category:日本のミュージシャン]]
[[Category:日本の著作家]]
[[Category:大阪府出身の人物]]
[[Category:1978年生]]
3,327

回編集