「ボーア戦争」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:South Africa late19thC map.png|thumb|250px|1840年ごろの南アフリカ{{legend|#25b032|[[トランスヴァール共和国]]}}{{legend|#ff6300|[[オレンジ自由国]]}}{{legend|#e71313|[[ナタール共和国]]}}{{legend|#3535b1|[[ケープ植民地]]}}]]
{{参照方法|date=2014年3月29日 (土) 10:36 (UTC)}}
'''ボーア戦争'''(ボーアせんそう、{{En|'''Boer War'''}}{{En|'''Anglo Boer War'''}})は、[[イギリス]]と[[オランダ]]系ボーア人([[アフリカーナー]](ボーア人あるいはブール人とも呼ばれる)が南アフリカの[[植民地]]化を争った、二回にわたる戦争。'''南アフリカ戦争'''、'''ブール戦争'''ともいう。
 
== 第一次ボーア戦争 ==
|}}
[[ファイル:The_Boer_War_by_Richard_Caton_Woodville.jpg|thumb|戦闘中の騎兵。]]
第一次ボーア戦争 ([[:en:First Boer War{{enlink|First Boer War]]) }}とは、[[トランスヴァール共和国]]を[[イギリス]]が併合しようとした戦争([[1880年]][[12月16日]] - [[1881年]][[3月23日]])のこと。そのため'''トランスヴァール戦争''' (Transvaal War) とも呼ばれる。
 
[[19世紀]]、[[17世紀]]ごろから[[ケープタウン|ケープ植民地]]に入植していたオランダ系移民の子孫であるボーア人たちは、[[アフリカ]]南部の支配権を巡ってイギリスと激しく対立していた。
|casualties2=
|}}
第二次ボーア戦争 ([[:en:Second Boer War{{enlink|Second Boer War]]) }}は、独立ボーア人共和国である[[オレンジ自由国]]及び[[トランスヴァール共和国]]と大英帝国の間の戦争([[1899年]][[10月11日]] - [[1902年]][[5月31日]])。長い激戦の末、2つの共和国は敗北し、大英帝国に吸収された。イギリスは既にアフリカ大陸の東西両岸に[[海底ケーブル]]をもっていたので、開戦前の10月3日から電信の[[検閲]]に取り掛かった。またすでに[[ドイツ=オーストリア電信連合|サンクトペテルブルク会議]]で、参加国へ通知した上ならば電信を止めてよいとの言質を得ていたので、14日にコードと[[サイファー]]による電文の一切を禁じた。
 
=== 背景 ===
匿名利用者