「ジャン・エプシュタイン」の版間の差分

m
[[1921年]]、[[ルイ・ドゥリュック]]と出逢い、著書『''Bonjour cinéma''(映画よこんにちは)』を執筆。
 
[[1922年]]、映画会社[[パテ (映画会社)|パテ]]社([[:en:Pathé|Pathé]])と契約し、[[ナルボンヌ]]とワインについての[[ドキュメンタリー映画]]『''Les Vendanges''(ヴィンテージ)』、偉人伝映画『''Pasteur''([[パストゥール]])』で映画作家としてのキャリアをスタートし、つづいて[[1923年]]に[[バルザック]]原作『''L'Auberge rouge''(赤い宿屋)』、オリジナルの『''[[:en:Cœur fidèle|Coeur fidèle]]''(誠実な心)』を撮る。
 
ついでアルバトロス社に入って、『蒙古の獅子』([[1924年]])、『二重の愛』([[1925年]])等を制作するが、2年後自らの制作会社を作り、[[ジョルジュ・サンド]]原作『''Mauprat''(モープラ)』([[1926年]])や[[エドガー・アラン・ポー]]原作『アッシャー家の末裔 ''[[:en:The Fall of the House of Usher (1928 French film)|La Chute de la maison Usher]]''』([[1928年]])を制作、この2作で映画監督[[ルイス・ブニュエル]]は一介の助監督としてエプスタンについた。
この間の莫大な負債のために、[[1930年]]、[[アベル・ガンス]]監督『世界の終り ''La Fin du monde''』の助監督を務めたり、[[1936年]]、[[マドレーヌ・ルノー]]主演『''Coeur de gueux''(乞食の心)』のような商業的映画を撮る。
 
その一方で、自主制作に見切りをつけ、新しい映画形態を模索していたエプスタンは、『Finis terrae([[フィニステール]])』(1928年)を皮切りに、 [[ブルターニュ]]地方や周りの島々の厳しい海の生活を背景に、土地の素人を使ったドキュメンタリー風の映画をりはじめる。遺作の短編映画『Les Feux de la mer(海の火)』 ([[1948年]])に至るまでの、「ブルターニュの詩」と呼ばれる9本の作品は、今までと一変して貧しい船乗りたちのぎりぎりの生活から生まれる真実を、迫真の映像と音響で描いている。
 
[[1953年]][[4月3日]]、[[パリ]]で死去。56歳。
134

回編集