「樹木葬」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 概要 ==
樹木葬は、[[墓地、埋葬等に関する法律]]による許可を得た[[墓地]]([[霊園]])に[[遺骨]]を[[埋葬]]し、遺骨の周辺にある樹木を墓標として故人を弔う方法である。遺骨を埋葬するたびに新しい[[苗木]]を1本植えるケースや、墓地の中央にシンボルとなる樹木を植え、その周辺の区画に遺骨を埋葬するケースなど様々な方法がある。
 
墓地によって、全体を樹木葬墓地とする場合と、一般墓地や芝生墓地と樹木葬墓地を併用する場合がある。
 
墓碑として用いられる樹木は大きくならない低木が一般的で、[[ハナミズキ]]ふすふぬゆ[[サルスベリ]]、[[ウメモドキ]]、[[エゾアジサイ]]、[[ムシカリ]]、[[ツリバナ]]、[[モミジ]]等があげられるが、植樹する地域で生育できること、[[生態系]]に悪影響を与えないことなどが配慮される。
 
[[ペット]]などの[[動物葬]]では以前からよく行われていたが、人間のための樹木葬墓地は[[1999年]]に[[岩手県]][[一関市]]に登場したのが日本初である。[[2012年]]には、[[小平霊園]]に都立霊園初の樹林墓地が完成した<ref>[http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2012/04/20m4p100.htm 都立霊園初・樹林墓地が完成-現地案内会を開催] 東京都</ref>。
匿名利用者