「シズラ」の版間の差分

シズラはケイヴマン・ハイファイという[[サウンドシステム]]でディージェイ見習いをしながら音楽のキャリアを積んでいった<ref>{{cite web |author=Huey, Steve |title=Sizzla Biography |publisher=Allmusic |url=http://www.allmusic.com/artist/sizzla-mn0000020740 |accessdate=2012-07-31}}</ref>。
 
シズラはキャリアの最初期からメッセージ性の強い歌詞を歌っており、1995年にはザガロウ (Zagalou)・[[レーベル]]からレコードデビューし、デビューアルバムとなる『Burning Up』を発表する。シズラはその後ボビー・ディジタル・ディクソンの下で数曲の[[シングル]]を発表し<ref name=shashamane>{{cite web |author=Kalli, Joanna |title=Sizzla Biography |publisher=Shashamane |url=http://www.shashamane.com/artist/sizzla.html |accessdate=2010-04-09}}</ref>、[[ルチアーノ]]{{要曖昧さ回避|date=2016年2月}}らアーティスト仲間とともに注目を集めていった。
 
同年、シズラはアーティスト仲間ジャーメイン・フェイガンの紹介で[[サクソフォーン]]奏者のディーン・フレーザーと、エクスターミネイター・レーベルの主宰者であるフィリップ・ファティス・バレルに出会った。シズラにとってこの出会いは大きなターニングポイントとなり、1997年には「Like Mountain」、「Babylon Cowboy」、「Kings of the Earth」や、ルチアーノとのコンビネーション曲「Build a Better World」をヒットさせ、『Praise Ye Jah』と『Black Woman & Child』と計3枚のアルバムを発表した<ref name=shashamane/>。