「斎藤佑樹」の版間の差分

=== プロ入り後 ===
;{{by|2011年}}
:4月17日、札幌ドームの千葉ロッテマリーンズ戦に先発でプロ初登板し、5回4失点([[自責点]]1)で初勝利。投球については投手コーチの[[吉井理人]]から変化球が多い事を問題視され、直球の割合を増やす事を課題とされた。5月8日の福岡ソフトバンクホークス戦(札幌ドーム)に先発で1回を3者凡退に抑えたが、左脇腹の違和感を訴えて降板。左内腹斜筋の筋挫傷で全治2~3週間と診断され、[[出場選手登録]]抹消となった。6月29日に一軍復帰。シーズンでは故障もありながらローテーションの5番手に加わり6勝6敗防御率2.69とまずまずの成績を挙げた一方で、投球イニングの少なさ(QS率は42.1%)や被打率の高さ、[[WHIP]]は1.47と課題残した。当時日本ハムの監督だった[[梨田昌孝]]は、この年亡くなった[[西本幸雄]]からシーズン前に斎藤の投球フォームについて「あいつの投げ方はあかん。左足が突っ立っとる。右腕が棒のようにかかっとるやないか。[[能見篤史]]のように、腕をしならせて投げるよう、指導せえ」と言われていたことを11月29日に行われた西本の告別式で明かした<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/11/30/kiji/K20111130002136050.html 「腕をしならせて投げろ」西本さん 斎藤に遺言あった]サンケイスポーツ(2011年11月30日)</ref>。[[2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ|クライマックスシリーズ]]では登板機会が無かった。
 
;{{by|2012年}}
:3月19日、プロ入り2年目で自身初の[[開幕投手]]に指名され、3月30日の開幕戦(札幌ドーム、埼玉西武ライオンズ戦)にて9回1失点で初の完投勝利を挙げるも、6戦連続で勝ち星から遠ざかるなど成績不振に陥り、7月30日に再調整のため出場選手登録抹消となった。若手主体の[[フューチャーズ]]や社会人[[JX-ENEOS野球部]]に打ち込まれるなど、2軍でも7試合に先発し1勝5敗、防御率5.05、WHIP1.56と結果を残せなかったが、9月29日に2ヶ月ぶりに1軍へ復帰。1試合中継ぎ登板した後、10月5日の[[東北楽天ゴールデンイーグルス]]戦に先発するも、4回2/3を6失点と打ち込まれ8敗目を喫し、翌日に登録を抹消されレギュラーシーズンを終えた。シーズン通算で被打率.300、被出塁率.374、QS率50%、失点率5.19という内容に終わり、[[RSAA (野球)|RSAA]]は-20.74と、規定投球回数未満を含む12球団の全投手の中でワーストであった。[[2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ|クライマックスシリーズ]]では登板機会は無く、[[読売ジャイアンツ]]との[[2012年の日本シリーズ|日本シリーズ]]では第5戦の8回表から6点ビハインドの状況で[[敗戦処理]]として自身初のポストシーズン登板を果たし、プロ入り後の自己最速タイとなる147km/hを記録したが、[[鈴木尚広]]と[[松本哲也 (野球)|松本哲也]]にタイムリーを浴びるなど2回2失点(自責2)という結果に終わった<ref name="kph147">[http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121102-1041097.html 【日本ハム】佑初S2失点「悔しいです」]日刊スポーツ、2012年11月2日</ref>。シーズンを通して投球フォームが定まらず、本人は結果と調子の感覚が一致しなかったという<ref>[http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2012/11/08/post_192/ 【プロ野球】斎藤佑樹「野球が嫌いになりそうな時期もあった」]Web Sportiva、2012年11月8日</ref>。この年の夏頃から肩に違和感を抱きはじめていたが、フォーム調整のために投げ込みを続けた結果痛みが悪化し、11月の終わりに右肩の関節唇損傷と診断された<ref>[http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2013/04/17/post_222/index.php 従来のフォームとの決別。昨年の開幕投手、斎藤佑樹が語る「今」]</ref>。
 
;{{by|2013年}}
匿名利用者