「斎藤佑樹」の版間の差分

=== プロ入り後 ===
;{{by|2011年}}
:4月17日開幕後札幌ドームの千葉ロッテマリーンズ戦に先発でプロ初登板し、5回4失点([[自責点]]1)で初勝利。投球について投手コーチの[[吉井理人]]から変化球が多い事を問題視され、直球の割合を増やす事を課題とされた。5月8日の福岡ソフトバンクホークス戦(札幌ドーム)に先発で1回を3者凡退に抑えたが、左脇腹の違和感を訴えて降板。左内腹斜筋の筋挫傷で全治2~3週間と診断され、[[出場選手登録]]抹消となった。6月29日に一軍復帰。シーズンでは故障もあり、投球イニングの少なさ(QS率は42.1%)や被打率の高さ、[[WHIP]]は1.47と課題を残した。当時日本ハムの監督だった[[梨田昌孝]]は、この年亡くなった[[西本幸雄]]からシーズン前に斎藤の投球フォームについて「あいつの投げ方はあかん。左足が突っ立っとる。右腕が棒のようにかかっとるやないか。[[能見篤史]]のように、腕をしならせて投げるよう、指導せえ」と言われていたことを11月29日に行われた西本の告別式で明かした<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/11/30/kiji/K20111130002136050.html 「腕をしならせて投げろ」西本さん 斎藤に遺言あった]サンケイスポーツ(2011年11月30日)</ref>。[[2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ|クライマックスシリーズ]]では登板機会が無かった。
 
;{{by|2012年}}
 
;{{by|2014年}}
:[[7月31日]]の対ロッテ戦(QVC)で先発し、5回まで毎回走者を出しながらも、6イニングを6安打で抑え、2012年6月6日の対広島戦以来785日ぶりに勝利投手となった<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/31/kiji/K20140731008666250.html 斎藤佑、785日ぶり白星!走者出しても粘りの投球で6回1失点]スポーツニッポン2014年7月31日配信</ref>。1軍では2勝1敗、防御率4.85、2軍では17試合に登板し、1勝7敗、防御率4.73の成績に終わった。
 
;{{by|2015年}}
匿名利用者