「That節」の版間の差分

編集の要約なし
英単語”that”には、接続詞や関係詞として「名詞節を導く」、「形容詞節を導く」、「副詞節を導く」役割がある<ref name=nakazawa/><ref name=sonota>そのほかに「指示代名詞」、「指示形容詞」、「指示副詞」、「としての役割がある。</ref>。したがって、「that節とは、thatによって導かれる名詞、形容詞、副詞節の総称である」と考えてよい。
 
== 名詞節 ==
接続詞のthatによって導かれる。節の中は完全文である<ref name=nakazawa/>。
 
[[同格]]名詞節として働くこともある。形容詞節(関係詞が導く節)と紛らわしいことが多いが、節の中で文の要素が十分である。
 
== 形容詞節 ==
[[関係代名詞]]のthatによって導かれる。節の中は不完全文である。thatが省略されることもある。同格名詞節のthat節と紛らわしいことが多いが、節の中で[[目的語]]にあたる名詞、代名詞など文の要素が欠けている<ref name=nakazawa/>。その欠けた要素に相当する名詞節(先行詞)が主文に明示され、それをthat節が修飾する形で文が構成される。
 
[[関係副詞]]の代用としてthatが用いられることもある。
 
== 副詞節 ==
接続詞のthatによって導かれる。節の中は完全文である。so 形容詞 that[[構文]]やsuch 名詞 that構文におけるthatは副詞節を導く<ref name=nakazawa/>。