「Version 7 Unix」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 概要 ==
ベル研究所からのUNIXのバージョンは、そのユーザーズマニュアルの版によって識別されていた。第7版以前に[[Version 6 Unix|第6版]]があるが、それがベル研究所が外部に対して広くリリースを行った最初のバージョンであった。ベル研究所内の [[Research Unix]] の系統は Version 86 Unix に引き継がれているが、実際にはV8は [[BSD|4.1BSD]] を導入して開発された。そして106まで開発した後、[[Plan 9]] の開発に集中するようにながあった。
ベル研究所内の [[Research Unix]] の系統は Version 8 Unix に引き継がれているが、実際にはV8は [[BSD|4.1BSD]] を導入して開発された。そして第10版まで開発した後、[[Plan 9]] の開発に集中するようになった。
 
V7は最初の真に[[移植 (ソフトウェア)|移植]]可能なUNIXであり、様々な移植が行われた。当時は[[ミニコンピュータ]]全盛期であり、16ビットのマイクロプロセッサも登場しつつあった。そういった様々なアーキテクチャにリリースから数年で移植が行われている。[[サン・マイクロシステムズ]]の最初のワークステーションでは([[MC68010]]ベース)、[[:en:Unisoft|Unisoft]]社が移植した V7 が動作した。最初の[[XENIX]]は V7 の拡張であり、[[Intel 8086]] 向けである。[[:en:Onyx Systems|Onyx Systems]] は [[ザイログ|Zilog]] [[Z8000]] に移植している。[[VAX]]に移植された V7 は [[UNIX/32V]] と呼ばれ、[[BSD]]系Unixの直接の先祖にあたる。[[ウーロンゴン大学]]のチームはミニコンピュータ [[:en:Interdata 7/32 and 8/32|Interdata 7/32]] に V7 を移植した。これを[[:en:Interdata|Interdata]]と同社を買収した[[:en:PerkinElmer|PerkinElmer]] が Edition VII として製品化し販売。世界初のUNIXの商用製品とされている。
500

回編集