「鈴谷 (重巡洋艦)」の版間の差分

編集の要約なし
(ISBNが参照できませんでしたので修正しました。)
| caption2 = 1935年11月 館山沖を航行中(就役前)
| image3 =Japanese Cruisers of the Seventh Squadron.jpg
| caption3 = 1938年伊勢湾の第7戦隊 最上型の3
}}
鈴谷は[[1933年]](昭和8年)[[8月1日]]に鈴谷と命名<ref name="S8達79号"/>。本艦建造のため、[[横須賀海軍工廠]]第二船台で建造中の[[潜水母艦]][[龍鳳 (空母)|大鯨]](のち空母[[龍鳳 (空母)|龍鳳]])は建造を急ぐ必要にせまられ<ref>[[#日本空母物語]]80頁</ref>、突貫工事のすえ同年[[11月16日]]に進水している<ref name="日本空母物語281">[[#日本空母物語]]281-282頁『(1)軍縮条約の盲点をついた三艦』</ref>。だが当時の日本海軍としては例のない[[電気溶接]]を多用し、さらにディーゼルエンジン搭載の大型艦だったため、不具合が続出した。
**Ref.{{Cite book|和書|author=C05023430300|title=軍艦鈴谷命名式に関し内協議事項の件(4)|ref=鈴谷命名式内協議(4)}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C05023430400|title=軍艦鈴谷命名式に関し内協議事項の件(5)|ref=鈴谷命名式内協議(5)}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C05034133900|title=10.1.22 満洲国民政部大臣に軍艦鈴谷模型1個(箱入)贈呈の件|ref=鈴谷模型贈呈の件}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C05034319100|title=第4775号 10.11.12寄贈物品受納に関する件|ref=寄贈物品受納に関する件}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08051772000|title=昭和16年~昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書|ref=戦隊行動調書}}
匿名利用者