「五條新宮道路」の版間の差分

辻堂集落内において[[平成23年台風第12号|台風12号]]の影響で発生した地すべりのため国道168号が寸断され、[[2011年]][[9月3日]]から通行止めとなったが、堂平地区を通る市道と、夢翔大橋の北側を接続する長さ168mの仮設道路を設置し、[[9月22日]]から緊急車両の通行が開始(夢翔大橋の供用開始)され<ref>[http://www.nara-np.co.jp/20110923102651.html 新たな迂回路が完成 - 緊急車両の通行開始/五條・大塔、国道168号] - 奈良新聞(2011年9月23日付)</ref>、10月末からは大型車以外の一般車両の通行も可能となった。しかし、仮設道路と接続する市道が急勾配かつ狭隘路であり大型車が通行困難であったことから、バイパス工事用桟橋を活用して仮設橋 (467.7m) を設置したほか、夢翔大橋と辻堂新橋間の仮設道路を付け替えたことにより、2012年2月27日から大型車も通行できるようになった<ref>{{PDFlink|[http://www.pref.nara.jp/secure/2805/201202271300.pdf 一般国道168号五條市大塔町堂平地内〜辻堂地内の仮設迂回路の供用について]}}(報道資料) - 奈良県土木部道路建設課・五條土木事務所(2012年2月24日付)</ref>。
 
2015年1月に辻堂集落内の旧道復旧工事が完了して通行止め解除となった。同時に夢翔大橋が通行止めとなり、仮設橋だった付近のバイパス(1(1工区)工事が開始される予定であり、2018年3月頃に開通する見込み<ref>[http://www2.wagamachi-guide.com/3kenhp/map.asp?dtp=1&fid=5120-001_0001&mpx=135.756984285&mpy=34.16422634 和歌山・奈良・三重 道路規制情報]</ref>。
 
* 起点:奈良県五條市大塔町宇井
匿名利用者