「禿髪利鹿孤」の版間の差分

編集の要約なし
'''禿髪 利鹿孤'''(とくはつ りろくこ)は[[五胡十六国時代]]の[[南涼]]の第2代王。
 
[[禿髪烏孤]]の弟として生まれ、烏孤の在位期間は驃騎大将軍、西平公に封じられていた。[[太初 (南涼)|太初]]3年([[399年]])に烏孤が死去すると、その遺勅により利鹿孤が南涼君主の地位を継承し、西平(現在の[[青海省]][[西寧]])に遷都を行った。
 
[[建和 (南涼)|建和]]2年([[401年]])に河西王を称したが、翌年死没し、康王と[[諡]]された。
匿名利用者