「直喩」の版間の差分

修正
(rv)
(修正)
'''直喩'''(ちょくゆ)とは、[[比喩]]の一種で、比喩であることを明示する表現をいう。'''明喩'''(めいゆ)ともいう。
 
それに対し、文字通りに解釈すると比喩であることがわからない比喩表現を、[[隠喩]]あるいは[[メタファー]]という。
 
直喩は明白なつながりのない2つの事物を比較する言い方で、典型的には「雪の'''ように'''白い」「ひょうたんに'''似た'''形」「死ぬ'''ほど'''退屈」「あの水死体は[[成瀬川土左衛門|土左衛門]]のようだ」などの言い回しを用いて表現される。