「ロマンス (2015年の映画)」の版間の差分

→‎あらすじ: スタブ外し忘れ
(→‎あらすじ: 新規作成)
(→‎あらすじ: スタブ外し忘れ)
 
== あらすじ ==
{{節スタブ}}<!-- 外部サイトや書籍からのコピペ・丸写しによる著作権侵害はしないでください。削除の対象となり、投稿者はブロックされる可能性もあります。 -->
北條鉢子は彼氏との関係を続けようか迷っている。出勤途中の彼女の元に1通の手紙が届き、開封せず手紙を持ったまま出勤する。彼女は社内のサービスコンテストでも表彰される、優秀なロマンスカーアテンダントだ。今日もいつもどおりロマンスカーに乗車したが、同僚、久保美千代のミスの後始末にもうんざりし、休憩時間に手紙を読んでさらにいらいらする。
 
休憩後の仕事で車内販売を行っていたところ、ワゴンの商品が万引きされ、犯人を終点の箱根湯本駅の事務所に引き渡す。ところが犯人は逃走し、足の速い北條が追うことになり、犯人は無事捕まえられたが、制服のスカートを破ってしまい、帰りに乗車予定だったロマンスカーも、久保だけを乗せて出発してしまう。
 
駅の事務所で犯人、桜庭洋一と別れた後、新宿へ戻る電車を待っていると、桜庭が解放され北條の元にきて、親しげに話しかけてきた。いらいらした北條は手紙を破ってゴミ箱に捨て、トイレに逃げる。
 
トイレから戻ってみると桜庭は、北條の捨てた手紙を拾い、つないで読んでいるところだった。手紙は北條の母からのもので、手紙の内容を知った桜庭との、1日限りの不思議な小田原・箱根巡りが始まった…。
114

回編集