「藤江均」の版間の差分

 
=== 横浜・DeNA時代 ===
{{by|2009年}}には、[[5月5日]]にプロ入り後初の出場選手登録を果たすと、[[5月7日|同月7日]]の対[[読売ジャイアンツ]]戦([[東京ドーム]])に、先発投手として一軍デビュー。同期で入団した[[細山田武史]]とのバッテリーで、6回2/3を投げて、6被安打、奪三振4、自責点1に抑えた。横浜の新人選手によるバッテリーが一軍公式戦に出場した事例は、[[横浜大洋ホエールズ]]時代の{{by|1989年}}[[10月16日]]のに、[[石井琢朗|石井忠徳]](後の石井琢朗、当時は投手- [[谷繁元信]]が[[10月16日]]の対[[阪神タイガース]]戦([[阪神甲子園球場]])でバッテリーを組んで以来であった<ref>{{Wayback |url=http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20090508-OHT1T00027.htm |title=藤江逃した!初登板初勝利ならず…横浜|date=20090510225952 }} - スポーツ報知(2009年5月8日)</ref>。なお、ファームチームの[[横浜DeNAベイスターズ (ファーム)|湘南シーレックス]]では、[[イースタン・リーグ]]公式戦で[[防御率]]1.97、勝利数9、[[勝率]].750を記録。リーグ[[最優秀防御率]]・最多勝利投手賞・勝率1位・優秀投手の4タイトルを獲得した。
 
{{by|2010年}}には、プロ入り後初めて、開幕を一軍でスタート。[[3月28日]]の対[[阪神タイガース]]戦([[大阪ドーム|京セラドーム大阪]])に先発すると、5回1/3を3安打1失点に抑えて、一軍公式戦での初勝利を挙げた。シーズン通算では、一軍公式戦で2勝3敗1[[ホールド]]を記録したが、防御率は7.52にとどまった。
 
{{by|2011年}}には、救援投手として一軍へ定着。公式戦47試合の登板で、3勝0敗、15ホールド、防御率1.58を記録した。
 
{{by|2014年}}には、一軍公式戦16試合で1勝1敗1ホールドを記録。しかし、[[10月3日]]に球団から[[戦力外通告]]を受けた<ref>[http://www.baystars.co.jp/news/2014/10/1003_03.php 2015年度選手契約について]DeNA球団公式サイト2014年10月3日配信</ref>。
 
=== 楽天時代 ===
DeNAからの戦力外通告後は、[[12球団合同トライアウト]]への参加を見送る一方で、トライアウト翌日([[2014年]][[11月11日]])に[[東北楽天ゴールデンイーグルス]]秋季キャンプの入団テストへ参加。このテストに合格したため、終了後に入団契約を結んだ<ref>[http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/4744.html 山崎浩司選手・藤江均選手の入団会見] 東北楽天ゴールデンイーグルスオフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。</ref>。背番号は'''98'''。なお、同年[[12月30日]]放送の『[[プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達]]』([[TBSテレビ]]制作)では、戦力外通告の直後から楽天への入団が決まるまでの藤江に密着した取材の模様が紹介された<ref>[http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/4744.html 『プロ野球戦力外通告クビを宣告された男達 』2014年12月30日放送回 ] gooTV 2015年11月7日閲覧。</ref>。