メインメニューを開く

差分

m
[[1948年]]には[[タイ・カッブ]]以来史上2人目の1シーズン4回の5打数5安打を記録。特に4度目となった9月22日は両手首の故障により満足にバットが振れない中で、5スイング5安打を記録した<ref>{{cite book|和書|author=藤澤文洋|authorlink=藤澤文洋|year=2003|title=メジャーリーグ・スーパースター名鑑|publisher=[[研究社]]|pages=192項|isbn=4-327-37689-2}}</ref>。首位打者、[[最多打点 (MLB)|打点王]]を獲得し、[[本塁打]]は自己最多の39本で1位と1本差の2位。降雨ノーゲームとなった試合での本塁打1本が記録されていればナ・リーグ史上5人目の[[三冠 (野球)|三冠王]]になるところだったが、3度目のMVPを受賞した。
 
[[1950年]]から3年連続で首位打者を獲得。[[1954年]][[5月2日]]には[[ダブルヘッダー]]第一試合で3本塁打、第二試合で2本塁打<ref>{{cite web |url=http://www.baseball-reference.com/players/gl.cgi?n1=musiast01&t=b&year=1954|title=Stan Musial 1954 Batting Gamelogs|language=英語||work=Baseball-Reference.com |accessdate=2009年9月17日 }}</ref>、史上初の一日5本塁打を記録した<ref name="library"/>。[[1955年]][[7月12日]]ミルウォーキー開催の第22回オールスターゲームのスコア5-5の延長12回の先頭打者として打席に向かうとき、自軍のベンチに向かって「残業手当なんかいらないだろう。これでこの試合は終わりにするからな」と宣言して[[フランク・サリバン]]から右翼席へサヨナラソロ本塁打を放つ右翼席へ叩き込んだ<ref>[[ハンク・アーロン]]「ハンク・アーロン自伝 I had a hammer.」[[講談社]]、1993年、120頁。ISBN 4-06-206365-4。</ref>。[[1957年]]37歳で7度目の首位打者を獲得した。MVPの投票では[[ハンク・アーロン]]の239ポイントに9ポイント及ばなかった<ref>{{cite web |url=http://www.baseball-reference.com/awards/awards_1957.shtml#NLmvp |title=Baseball Awards Voting for 1957 |language=英語||work=Baseball-Reference.com |accessdate=2008年10月29日 }}</ref>。
 
[[1958年]]5月13日には史上8人目となる3,000本安打を達成<ref name="Chronology">{{cite web |url=http://www.baseballlibrary.com/ballplayers/player.php?name=Stan_Musial_1920&page=chronology|title=Stan Musial from the Chronology|language=英語||work=BaseballLibrary.com |accessdate=2008年10月29日 }}</ref>。シーズン終了後にカージナルスが[[日米野球]]で来日した際は、[[稲尾和久]]と[[杉浦忠]]から本塁打を放っている。
2,126

回編集