「ジョン・マケイン」の版間の差分

共和党の重鎮議員だが、[[党派]]にとらわれない議会活動で知られ、しばしば'''maverick'''([[一匹狼]])と形容される。共和党政権への厳しい批判も辞さないことから、一部の共和党支持者からの反発を浴びる一方、全体としての支持は根強い。そのため[[2004年アメリカ合衆国大統領選挙|2004年の大統領選挙]]では、[[民主党 (アメリカ)|民主党]]候補[[ジョン・ケリー]]の副大統領候補となる可能性が盛んに報じられていた。[[宗教]]は[[バプティスト]]で、尊敬する[[政治家]]は同国の[[セオドア・ルーズベルト]]元[[アメリカ合衆国大統領|大統領]]である。
 
著名な海軍提督の[[ジョン・S・マケイン|祖父]]と[[ジョン・S・マケイン・ジュニア|父]]を持ち、マケイン自身も[[アメリカ合衆国海軍]]航空士官として[[ベトナム戦争]]に従軍。[[1967年]]にハノイ市上空を飛行中に撃墜され、5年間に渡って[[ハノイ市]]のホアロー捕虜収容所(別名:ハノイ・ヒルトン)で、[[ベトナム民主共和国]]の[[捕虜]]となった。最初の2年は北ベトナム兵から厳しい[[拷問]]を受けながらも、拷問に耐えたエピソードで[[英雄]]視されており、その人気から[[2008年]]の[[2008年アメリカ合衆国大統領選挙|アメリカ大統領選挙]]では[[共和党 (アメリカ)|共和党]]の大統領候補として指名を受けた。一方でハワード・ジン氏からは、戦争で爆撃を行い多くの人の命を奪った者に関して部分的に解釈し、英雄視するのは間違いだと批判されている。[[息子]]は[[アメリカ合衆国海兵隊]]に所属し、[[イラク戦争]]に出征している。
 
== 人物・来歴 ==
7,860

回編集